天野月子ライブ(今日が千秋楽)

昨日が初日だった天野月子ライブも、今日がいよいよ最終日。
(だって2daysなんだもん)
20060521-001.jpg

実は翌日の月曜朝イチから京都出張が入り、前泊するつもりで行くのを止めようと思っていたのでした。
(今回は、もう既に昨日も行っているし)
ところがファンクラブから送られてきたチケットを見てビックリ。
以前にも書きましたが、整理番号が生まれて初めて見る「1番」でしょう。
20060429blog.jpg
これはもう、何が何としてでも行くしかないのです!

そんな訳で張り切って会場に行きました。
昨日と違ってメッチャいい天気です。
気持ちよく入場待ちをし……、ついに開場です!
「整理券番号、1番の方、どうぞ」の声に心持ち姿勢をピンと伸ばし、会場に入ったのでした。
おお……ライブハウスで、まだ客席内に誰もいない状態で入場することがこんなに気持ちがいいとは!
もちろん、余裕のよっちゃんで(←死語)ド真ん中かぶりつきの位置をゲットしたのでした。

やがて開演時間ピッタリの18時、場内が暗くなり登場した天野月子は……!
ああん、ああん、ぼくの目の前、ほんの数10センチ先のところで動いて歌ってしゃべって踊っているのですよ。
あまりの非現実感に、まるでこれはリアルに映し出される大画面テレビでライブ番組を観ているような錯覚すら覚えてしまいます。
バーチャルリアリティの世界ってこんな感じなのですね!
(↑いや、ぜんぜん違うと思う)

もう自分でも訳が判らなくなるほど飛んで跳ねて合唱してキャーキャー言って、怒涛の3時間が過ぎたのです。
そして最後には、なんと!
使っていたギターピックを客席に向かって投げたのですよ!
残念ながら頭上を通り越してしまい、客席の真ん中の方まで飛んでいってしまったのですが……。
その代わりに、ドラマーが投げたスティックは客席内争奪の末、ゲットできたのでした。
そりゃ、まあ、ピックは思いっきり投げても大丈夫だけれど、スティックを思いっきり投げたら危ないですからね、前の方にしか投げられないですよね……。
そんな訳でピックが欲しい人は真ん中あたり、スティックが欲しい人は前の方に陣取ればいいことを知った今回のライブなのでした。
(そんな結論でいいのか)
20060521-002.jpg

それよりも、明日は6時の新幹線に乗らないといけないのですが、今から帰ってご飯食べて、お風呂に入って、支度をして、寝て……起きられるのでしょうか。

コメント

でたぁ!怒濤の1番!目の前は美味しいですよね~。
ドラムステックゲットでその甲斐ありましたね。すごい使い込まれてるわ~。

いやー、あんなに真ん前でぼくのために歌ってくれたのかと思うと、もうありがたき幸せなんですとも。
(妄想進行中)
ドラムスティックですが、写真でも見えるようにものすごいささくれ立っているんです。
下手に触るとマジでトゲが刺さってしまうほどです。
タオルにくるむようにして大切に持って帰ってきました!