天野月子ライブ(今日が初日)

今日は天野月子のライブを観るため、鶯谷は東京キネマ倶楽部へレッツラゴー♪
20060520-002.jpg

天気予報では「午後にかなりの雨が降ります」と言っていたのですが、いえいえ、家の外はカンカン照りのいい天気なのです。
そんないい天気の日に傘を持つのも面倒なので、手ブラで出かけたのでした。
が……天気予報の言うことはちゃんと聞いておくものですね。
東京あたりから、空一面に黒雲がモクモクと湧き出し、アッという間に大雨がジャカジャカ降り出してきたではありませんか。
いや、大雨なんて生やさしいものではなく、完全に激しい夕立状態です。
仕方ありません、駅内のコンビニで折りたたみ傘なんて買っちゃいました。
何しろ、今日のライブは「オールスタンディング」のうえ整理番号順での入場なので、自分の入場順が来るまで外でずっと待っていなければならないのです。
傘がなければ、ビショ濡れで放置プレイされてしまうところでした。

そしてその「オールスタンディング」がまた曲者。
この会場のルールとして、入場時に別途ドリンク代として500円を払わないといけないのですが、そのドリンクを引き換えている時間がありませんでした。
入場するとまずはいい場所を確保しなければならず、またその後も場所をキープしなければならないため、離れることができないのです。
結局、ドリンクをいただくことはできませんでした。何だかものすごく損した気分だぜ。

大雨のために開場時間が早まったので、結果として会場内で立ったままボーっとしている時間の長かったこと、長かったこと。
5分おきに時計をチラチラ。
18時の開演までとにかく待ち続けました。
そしてようやく始まりました。
あーん、あーん、目のすぐ前に天野月子が動いて歌って演奏しているよー。
そして終わってみたら21時20分。
アンコールまで終わり、会場係員が退場を誘導し始めても鳴り止まないアンコールに、改めて登場した月子さん、セットリストにない予定外のおまけの1曲も演奏したのでした。
もうお腹一杯、大満足の3時間半近いライブなのでした。

しかしその帰りは脚が悲鳴を上げていて、もう大変。
そりゃそうでしょう、考えてみたら会場前に着いた16時半ごろからずっと、5時間は立ち続けていたんですよね。
ふくらはぎが痛いのでシップを張って明日に備えます。

……そうです、明日も参加するのですね。
そのために月曜日からの出張、前泊をやめて朝イチの新幹線で移動することにしたのですから。
さて、身体が持つかどうか。