振り替えて、振り替えられて

今日は朝から信号トラブルとやらで、うわおぅ、京浜東北線がストップしてエライことになっているのですよ。
駅員が「(JRと平行して品川まで走っている)京急電車で振替輸送を行っています」としきりにアピールしてくるので、周りのサラリーマン、OLたちとゾロリゾロリと駅に移動したのでした。
見ず知らずの人たちながら妙に高まる連帯感。
「アナタもタイヘン、ワタシもタイヘン、皆々タイヘン」、そんな感じです。
(どんな感じやねん)
ところが。
ゾロゾロと移動した振り替え輸送先であるはずの京急電車なのですが、待てど暮らせど、いつまで経っても電車は来ないのですよ。
ホーム中にヒトがウジャウジャ溢れているところを見ると、行ったばかりと言うわけでもなさそうだし......。
待つことしばし、エッチラオッチラとやっとこさ電車が来たのでした。
ホームに電車が到着した瞬間、京急の駅員さんたら

「JRの振替輸送を受け入れたため、混雑で電車が約10分遅れで到着しております」

......かなりの恨み節ですね。
ギューギューとトコロテンのように車内に押し込まれ、ようやくしゅっぱーつ。
そして川崎駅ではさらに驚くアナウンスが流れたのでした。

「JR東海道線に振替乗車をいたしております。ご利用ください」

え? え? え?
JRが不通になっちゃって京急電車に振替輸送したのに、さらにJRに振替?
もう何だかワケが判りません。
でも川崎駅って、京急線とJR線がビミョーに離れているんですね。
ここまで来て今さら歩くのも悔しいので、そのまま乗り続けましたとも。

そしてそんな京急電車に乗っていて気が付いたこと。
沿線にはやたらとお寺があります。
......だからどうしたと言われても困るくらい、オチはありません。