こんなフェイント攻撃にはご注意

最盛期には、その平積みの多さで本屋内が真っ黄色に染まってしまったかのように見えていた西加奈子『きいろいゾウ』ですが、ここ、丸の内オアゾ内にある丸善では、サイン本が最後の一冊となってしまっているのでありました。
20060428blog-001.jpg
しかしサイン本にしては無用心です。
ラップ包装がされていないのです。
これはきっと、「どうぞサインも含めてお立ち読みください」ということなのでしょう。
よし、その本屋さんからの挑戦状受けて立ってやろうではありませんか。
そんな訳で、早速ページをめくってみました。
すると……、おい!
20060428blog-002.jpg

サインなんてどこにもない、幻のサイン本なのでした。

そういえば、以前にもサンボマスターの人のサイン本かと思わせておいて、実は全然違ったこともありました。
そんな訳で、ラップ包装されていないサイン本を見かけましたら、きっと面白いことがあるに違いありません。
皆さんもぜひ、チェックされてみることをお勧めします。