芥川賞受賞サイン

芥川賞を受賞した絲山秋子女史の芥川賞受賞作品『沖で待つ』が、なぜか今頃サイン本入りで山積みなんです。
20060413blog.jpg
この本は、刊行直後にサイン会も行っていたはずなので、どうして今頃……?
ひょっとして芥川賞人気を当て込んで大量に作りすぎたもの大量に返品され、出版社から絲山女史に「センセイ~、助けてくださいよ~」と泣きついたのかもしれません(ものすごい邪推)。
そういえば前作『ニート』もサイン本が山積みされてあり、かなり長らく売れ残っていたようなのですが、芥川賞にノミネートされ、受賞したとたんにはけてしまっていたのでした。

丸善さんってば、たまーに「どうして今頃?」と思える本がサイン入りで積み上げられていることがあるので、なかなか侮れません。