「密室彼女」のチケットデザイン

乙一の原案をもとに、本谷有希子が脚本・演出するということで気になっている劇団、本谷有希子の次回公演「密室彼女」です。
e+を利用した優先前売で購入すると、こんな"特別デザイン"のチケットが送られてきたのです。
20060408blog.jpg

特別デザインのチケットと言えば、以前にもe+で村治佳織コンサートのチケットを買ったところ、村治佳織仕様のデザインで送られてきたことがありましたっけ。
あの時は「ははあ、さすがは村治佳織仕様だな」と思わされたのですが、今回のデザインの意図はいったいどこにあるのでしょう。
そもそも、タイトルである「密室少女」がもぎられる半券に渡って書かれてあるから、入場してから後日見直すと「密室」としか書かれていないわけで。

そのあたり、乙一のことですから何か狙っていそうな気もするのですが、しかし、そもそも原案だけの参加なのでそんなチケットデザインまで口を挟めるとも思えず、すると本谷有希子の狙いかと思うのですが、しかし、本谷有希子的な狙いといえば"悪意"としか思えず、すると単に「タイトルが判らなくなるようにしてあげたわよ、オホホホ」といった穿った見方しか考えられず......。
結局のところは見てみなければ判りません。