サイン色紙は大切に

紀伊國屋書店の新宿南店に行くと、誇らしげに貫井徳郎のサイン色紙が飾られてありました。
20060407blog-001.jpg
新刊『愚行録』のプロモーションなどではなく、たまたま来店されたので店側が慌てて買いに走ってきたのでしょうか、色紙の片隅にはバーコードもそのままに商品名シールが張られたままだったのです。
20060407blog-002.jpg
よっぽど慌てていたみたいで、剥がすのを忘れているみたいです。
日付が見えていません。

しかし、たとえこのように商品名シールを剥がし忘れていたとしても、ビニール袋に入れられて誇らしげに飾られているということは、やっぱり書店側としても作家の方に来ていただいてサインをしてもらうと言うことを大切にしているんだろうなあと思っていたのです。
ところが、店の片隅にひっそりと置かれてある「ご自由にお持ちください」のカタログコーナーを見て、「ギャァァァ」
20060407blog-003.jpg
誰のサインだか判りませんが、放置されているではありませんか!
しかも反対向きに置かれているし。

これ、ひょっとして作家自らが持ち込んできた色紙なんでしょうか......まさか。