bk1にもamazonにもない

大きな書店のミステリコーナーをうろついていると、おおっコイツは!
なんと『外地探偵小説集・上海篇』が平台にデンと置かれてあったのでした。
20060319blog.jpg
このシリーズの1作目である「満州篇」の出たのが2003年11月。
このときは、すぐにでも続篇が出るような予告がされていたはずなんです。
ところが、待てど暮らせど続篇が出たと言う話はききません。
それがようやく、2年半ぶりにシリーズ続篇の出発ですよ。
これはすぐにでも買わなければなりません……。

と思い、家に帰ってから早速ネット書店で注文……しようとしたのですが、ありません。
bk1でもamazonでも、「外地探偵小説集」で検索すると、全作品の「満州篇」しか出てこないのです。
うーん、これはいったいどうしたものか……。
(入荷する予定すらあるのかないのかよく判りません)