包帯クラブのなれの果て

丸の内という特等地から推定するに、200万円もの経費が掛けられている天童荒太『包帯クラブ』のプロモーション用POP。
さすがは天童荒太、出版社も書店も売るための尽力を惜しみません。
ところが、今日、本屋さんの人通りの少ないところを覗いてみると、こんな無残な姿をさらして横たわっているのでした。
20060307blog.jpg
ああ、なんということに!
やっぱり新書版では200万円もの経費なんて、掛けてらなかったのでしょうか。
棚の下でクチャクチャに丸められている『包帯クラブ』の文字が哀しいのです。