篠田節子のワナ

今日もいつもどおりに紀伊國屋書店新宿南店をブラブラブラーリ。
ミステリコーナーを覗いていると、おお、篠田節子の新刊『讃歌』が積み上げられていたのです。
それがサイン入り。
サイン入りで積み上げられている篠田節子『讃歌』
実はもう既に『讃歌』は持っているし、それどころか読み終わってもいたのですが、やっぱり篠田節子作品のファンとしては「サイン入り」という甘美な響きに逆らえ切れるわけもなく……ダブリ本承知で買ってしまいました。
嗚呼。
そういえば、前作の『ロズウェルなんか知らない』もやっぱりこの店でサイン入りで売られていて、ダブリ本承知で買っていたのでした。
ひょっとして新刊を並べて置き、ファンが一通り買ったころを見計らって改めてサイン本を後から並べ、2冊づつ買わせようという魂胆なのでしょう、きっと!
悔しいですけれど、その魂胆にまんまと乗ってしまっているんです。

さすがは紀伊國屋書店、古川日出男の弱みを握っているだけのことはあるぜ。(←まだ言ってるよ)

【追伸】
「篠田節子作品のファン」とか言いながら、ずっと『賛歌』なんて書き間違えていました。
気がついて、慌ててこっそり『讃歌』と書き直しています。