意外と売れている恭子さま

恭子さまと言っても深田恭子じゃありません。
内田恭子でも岩崎恭子でもなく、叶恭子なんです。
いつもはミステリ関連の本棚辺りだけしか徘徊していないのですが、今日はなぜかタレント本コーナーでかさこそ。
すると叶恭子さまのご本があったのでございますわよ、オッホホホホホ。
(セレブな口調のつもりが、なぜかデビ夫人調)
この恭子さまご本、両隣に並べられた本と比べても、結構売れているように見えるのです。
これも直筆サイン効果なのでしょうか、それとも本屋さんの策略でワザと数を少なくしか出さないのでしょうか。

コメント

私のことかと思ってしまいました(たまにそういう名前にもなる)。

おお、恭子さまはらかんさんだったのですか!
だったらぼくも負けていられません!
今度からぼくは美香さまになります。
あ、それではらかんさんにまったく頭が上がらなくなってしまいます……。