ゲップが出るほど、いとこいさん

思えば2年半ほど前。
今のマンションに引っ越すのに全然準備ができていない、ひぃー!とパニくっていた頃に、夢路いとしの訃報が関西からひっそりと流れてきたのでした。
もうそんなに日が経つのですね。
訃報をきいたその日の日記では

ぼくも今日は喪に服して一日中家でいとし・こいし、通称「いとこいさん」の漫才のビデオを観ていようと考えたのです。
でも、いとこいさんの漫才って、レンタルビデオ屋に置いてあるのでしょうか?
ちゅうか、そもそもいとこいさんの漫才は、ビデオ化されているのでしょうか?
判らなかったので、仕方なしに喪服で会社に行きました。
みんなビックリしていました。

なんて書いています。

それがですね、出ているんですよ。ちゃーんとDVDで。しかもボックスで。たっぷり5枚組。
その名も『夢路いとし喜味こいし 漫才傑作選 ゆめ、よろこび しゃべくり歳時記』。
うーん、タイトルが実に味わい深い。
今どきの漫才師でタイトルに「ゆめ」「よろこび」「しゃべくり」なんて付けませんよね(しかもひらがなで)。
しかも「歳時記」ですよ、「歳時記」。
5枚組のDVDを通して観ることで、季節の移り変わりを感じさせられると言う趣向……ひょっとして、夢路いとしの人生の歳時記を見せ付けようってか!
ああん、ああん、そんなんあきません、あきません。もうこれだけで涙が出ちゃいそうですよ。

そんな訳で、たまたまamazonでいと・こいさんのDVDボックスセットが出ていることを知った、まさにその日に購入してしまっていたのでした。
今週末はいと・こいさん三昧になりそうな、そんな予感がひしひし。
いと・こいさんが歩んだ65年に比べると、収録時間は単なる一瞬でしかないような気がします……。