雪だるまつくっています

ベランダから雪が降っている様子を、ずっと飽きもせず眺めていたのですが、もう我慢できません。
相方と近所の公園までお散歩に出かけました。
しかしすごいことになっています。
これがいつも見慣れた近所の公園とは思えないほどの雪景色なんです。
近くの公園もすっかり雪国風情

広場に出ると、雪原です。雪原。
真っ白に広がる辺り一面の雪、雪、雪。
これをそのままにしておくことは、すなわち自然界からの挑戦状に人類が敗北を期すことになりかねないのです。
ああ、そんなこと許されるはずもありません。
そんな訳で早速、相方と2人で自然界からの挑戦を受けて立つことにしたのです。
雪だるまづくりに精を出す相方

どうだ、雪だるまづくりだぜっ!

せっせと雪だるまづくりに精を出す人類代表の我々2人なのでした。
しかし雪だるまづくりがそんなに珍しいのでしょうか。
傍では、どこかの子どもが不思議そうな顔でボーッと突っ立ったまま、我々の雪だるまづくりを見ているのです。
この世知辛い世の中、少しでも人生の楽しさを知ってもらおうと、フレンドリーにお子様に声を掛けました。
レイザーラモン住谷(現HG)のように「フォ~ッ!」と一声雄叫びをあげると、ウケるどころか……、クモの子を散らすかのように逃げられてしまいました。
腰は振ってないんだけどなぁ……。
(そういう問題ではない)

そして取り掛かること約30分、時にはブリザードのように荒れ狂う雪にも負けず完成させたのが,この雪だるまです。
完成した雪だるま、手足とチンコ付き
眉毛に目、口といった顔パーツや腕がある雪だるまというのは良く見かけるタイプなのですが、今回製作したのは、なんと脚も付いています。
それだけでは寂しかったので、さらにチンコも付けてみました。
「顔付き、腕付き、脚付き、チンコ付き」の雪だるまなんて、世界初でしょう。 (バカバカしすぎて誰も作る気にはなれない)

さて、この世界初「顔付き、腕付き、脚付き、チンコ付き」雪だるまなのですが、この後にお買物に行き、帰り道に見てみると、なんと

木っ端微塵……。

ぼくの美声ボイス(←かぶっているし)で雄叫びをあげた「フォ~ッ!」に恐れをなして逃げていったおガキ様たちによる仕業でしょう。
おのれ……ぼくを悪人に仕立て、雪だるまをその悪人が遣わす悪の化身とみなしてライダーキックの犠牲となってしまったに違いありません……(泣)。
こんなことなら、しっかり腰を振って脅しつけておくのでした。
(通報される危険性あり)

コメント

すげえ。
僕は部屋にこもってます・・

でも会社行かないとなぁ。

この雪だるまですが、その後、お買物に行って戻ってくると、見事に木っ端微塵に砕け散っておりました。
きっと、蜘蛛の子を散らすように逃げていったおガキ様のライダーキックの練習台にでもなってしまったのでしょう……(泣)。
こんなことなら、しっかり腰を振って脅しつけておくのでした。
(通報される危険性あり)