女子プロレスで(本当に)年納め

女子プロですよ、女子プロ。
女子プロと言っても、宮里藍や横峯さくらは出てきません。プロレスの方なんです。
今日こそ本気でいよいよ年の瀬も押し迫りましたが、またしても大掃除に年賀状書きといった年末イベントは放棄して、新宿に新しくできた格闘技の聖地、新宿FACEに来ているんです。
ザ・ブラディーとファング鈴木の引退試合興行が行われたのでした。
今の彼女たちの試合は主にJDスターでしか見られないのですが、かつてはライオネス飛鳥率いる「裁恐軍」として団体を超えた会場で暴れまわっていた2人。
今日はその師匠ともいえるライオネス飛鳥を立会人として、最後の試合に臨むのでした。
そして花束贈呈式では、彼女たち2人のキャリアを物語るかのようにJDスターやAtoZ、M's Styleといった選手たちに加え、Jd'やGAEAなど団体の枠を超えた選手や元選手たちが駆けつけ、何だか不思議なムードに包まれるのでした。