ゲストは天野月子だった秘密サークル タイガーマシーンのライブ(SHIBUYA BOXX)

今日はSHIBUYA BOXXでライブにレッツラゴウ!してきたのでした。
SHIBUYA BOXX入口上にさん然と輝く看板
天野月子が冗談でつけた別名「秘密サークル タイガーマシン」のライブなんです。
すげー、すげー。

しかしちょっと早く着きすぎてしまったようです。
そんな訳で代々木公園をブラブラお散歩して時間つぶしです。
しかし公園内は銀杏の実なのでしょうか、通り道がとてもとてもウンコくさいのです。
銀杏の発するウンコ臭攻撃にも負けず、真っ暗になるまでプラプラしていました。
真っ暗になるまでといっても、まだ夕方の5時なんですが。
しかし公園内は明かりが少なく、カメラ片手にウロウロしていると出歯ガメ野郎と思われてしまいそうです。
銀杏の発するウンコ臭に参ることはまったくありませんが、出歯ガメの冤罪で逮捕なんてされてしまっては相方に顔向けできません。
いや、きっと相方はぼくの冤罪を疑うことなく、逆に「いつかやると思っていた。裁判長、お仕置きの意味も込めて厳罰に処してください」なんて言いそうです。
君子危うきに近寄らず、さっさと逃げるに越したことはないのです。
そんな訳で、スタコラサッサと暗くなった代々木公園をあとにしたのでした。
公園の木々と噴水と一番星と

だいぶ遠回りをしてしまいましたが、SHIBUYA BOXX前まで戻ってくると、ちょうどいい時間帯でした。
今日はオールスタンディングなので、終わる頃にはきっと汗だくになっていることだろうし、この真冬にそんな汗まみれで帰るわけにもいかないので、とりあえず身軽な格好になる必要があるのです。
そんな訳で、上着を脱ぎ、シャツ1枚になってスタンバイ!
脱いだ上着はライブハウス前に用意されていたコインロッカーにしまっておきます。
お金は返ってこないタイプのコインロッカーなので、いったん上着を預けると……寒いのです、寒い! メチャクチャ寒いよ!
鼻水がでてきてヤバヤバなのです。
とりあえず入場までの30分、シャツ1枚でライブハウスの外で寒風に震えながら耐えました!

このとき周りを見回すと、ああ、ぼくって結構年長さん組に入るんじゃないかしら。
歳も考えず、無茶しています。
今回もステージは全部で2時間ちょっと、飛んで跳ねて振り回して歌って踊って……、やっぱり無理しています。
既に帰り道でふくらはぎが痛くなっているのでした。
明日が、コワイ。

【本日のセットリスト】

~前座(マスカレード・ポロ)~
01. 爽やかな日曜
02. 夢想花
03. Y.M.C.A.

~秘密サークル タイガーマシーン~
01. 進め☆タイガー
02. 科学戦隊ダイナマン
03. STAR LIGHT(光GENJI)
04. 残酷な天使のテーゼ(新世紀エヴァンゲリオン)
05. ロマンチックがとまらない(C-C-B)
06. 銀河鉄道999(ゴダイゴ)
07. 愛をとりもどせ(北斗の拳)
08. CHA-RA HEAD CHA-RA(ドラゴンボールZ)
09. 淋しい熱帯魚(WINK)

~天野月子~
10. B.G.~Black Guiter + Berry Garden~
11. 人魚
12. 恋
13. 聲
14. 体操
15. スナイパー
16. Merry Tiger

~アンコール~
17. 君が好き♪

~予定外のアンコール~
18. B.G.~Black Guiter + Berry Garden~

ステージ(の一部)の様子。慌てていたのと暗かったので全景は取れず……クヤシイ