今日のマチネは大駱駝艦

昼から三軒茶屋にレッツラゴウ。
世田谷パブリックシアターで、麿赤児率いる大駱駝艦の公演を観に行くのです。
大駱駝艦「AMA-ZONE」公演ポスター(撮影は荒木経惟だそうです)

大駱駝艦ってアレでしょ、全身を白く塗りたくったヒトがウネウネするヤツ……と思われたアナタ、そのとおりです。
いわゆる暗黒舞踏ってヤツです。
(昔からの疑問なんですが、なぜ「暗黒」なのに「白塗り」なのか判りません)

確かに、白塗りでウネウネしているヒトがワラワラ出てくるだけの2時間弱です(←身もフタもない説明だ……)。
しかし、何と言えばいいのでしょう、そのウネウネしながらワラワラと出てくる彼らダンサーの立ち振る舞いがとても美しく、それを見るだけでも価値はある2時間だったと思うのです。

緊迫感とユーモア、緩急を取り混ぜて観客を飽きさせない工夫も見られ、もっと早くから見ておきたかったなと悔やまれる公演なのでした。