ミステリ・フロンティアが著者ポップで埋もれています

平台にドドドンと「ミステリ・フロンティア」が積み上げられ、祭りが展開されていました。
なんといっても圧巻なのはその著者直筆によるPOPの数。
20051215blog.jpg
確かに著者直筆のPOPはよく見かけます。
しかし、こうした特定の叢書やシリーズにおいて、これだけ揃っているのは珍しいのではないでしょうか。
店のド真ん中で恥ずかしかったのですが、興味あるんだもん、じっくりと誰のPOPがあるのかを見てみましたよ。

  • 畠中恵
  • ほしおさなえ
  • 三津田信三
  • 伯方雪日
  • 鳥飼否宇
  • 獅子宮敏彦
  • 東川篤哉
  • 翔田寛
  • 大山誠一
  • 藤岡真
  • 石持浅海
  • 森谷明子

以上、全部で12本。1ダースですよ、1ダース。
12名の著者による12本のPOPが、本屋さんの平台にこうしてニョキニョキと林立しているのです。

ちなみに、現在までのところ「ミステリ・フロンティア」で出版されている作家は18名です。
ということは......12本÷18名で、このお店でのミステリ・フロンティアPOP率は、なんと66%なんですよ!
わぉ。

で、ミステリ・フロンティアのフェアが終わったら、これらのPOPはどこに行ってしまうのでしょうか......。
(変な心配)