このミス2位記念のお蔵出し

もはやサイン本情報のお知らせ日記となってしまった感があるブログですが、あくまで備忘ログです。

そんな訳で、今日も紀伊國屋書店の新宿南店に行ってみました。
すると石持浅海のノベルス2冊ががサイン入りで並べられているではないですか。
最新刊である『セリヌンティウスの舟』はともかく、発売してからだいぶ経つ『扉は閉ざされたまま』までサイン入りが残っているとは、これいかに。
あるいは、ひょっとして「このミス2位」記念に増刷した本に改めてバンバンとサインを入れたのでしょうか。
だとすると、こちらの方にはデカデカと

「祝! このミス第2位!! でも来年は1位だ、コノヤロー!!!」

とか、書かれているのかもしれません。
(なぜにキレ気味?)

コメント

こんにちは、書き込みは初めてです。
『扉は閉ざされたまま』のPOPですが、そこにコメント寄せていた書店員って、実は私だったりします……。
ちなみにその店では石持さんの新刊が出るたびに石持さんがサインに来られているそうですよ。

政宗九さん!
どうもこのようなブログにお越しいただき、ありがとうございます。
『扉は…』のコメントって、そうでしたか、政宗さんのコメントだったとは。
最近、本屋さんに行くとどうしてもPOPが気になって仕方ありません。
出版社が用意したPOPもいいのですが、やっぱりそのお店の店員さんが独自に用意したものが面白いのですね。
政宗さんのお店でもどのようなPOPを用意されているのか……気になるところです。