オアゾはクリスマス仕様からミレナリオ仕様に変わりました

あちらこちらで夜の街並みが加速度的にクリスマス仕様となっていくなか、会社の行き帰りに通りかかる「丸の内オアゾ」でも街路樹に電飾が取り付けられピッカピカに光り輝いていたのです。
丸の内オアゾの街路樹はクリスマス仕様

それが今日、通りかかると雰囲気が違っていたのです。
何だか彩りが黄色いのですね、黄色。青から黄色。
いったい何なんだろうな……と、まるで街灯に吸い寄せられる蛾か、あるいはチョウチンアンコウの鼻先の光に吸い寄せられる深海魚のように、フラフラと立ち寄ってしまいました。
するとなんと!
そこには光のアーチが、通路の頭上に燦然と輝いているのですよ!
そして丸の内オアゾの電飾はミレナリオ仕様に……
この形、色使い、イメージ……何をとってもこれはまさにミレナリオのイメージをパクッたに違いありません!
この、オアゾに向かって伸び行くアーチは3基。
わずか3基のミレナリオ。
本物のミレナリオは12月24日からスタートするということなので、かなりフライング気味のミレナリオ。
しかも、公式サイトには一切その記述がなされていないミレナリオ。
つまり、

  • 「少」(3基しかない)
  • 「早」(フライング)
  • 「偽」(公式じゃない)

の3拍子がキャッチコピーで飾れそうなオアゾのミレナリオが開幕しているのです!
その光り輝きぶりはかなりのものです。
真下にいたら、新聞だって読めそうなんですよ!
さあ、今日から貴方も貴女も丸の内オアゾのミレナリオ下で本を読みながら待ち合わせるのです!
(待ち合わせの新名所が誕生)

しかし、この「少・早・偽ミレナリオ」が点灯したので電気代を節約するためか、昨日までそのオアゾの存在感を引き立てていた街路樹の電飾はすっかり消し去られていました。
まるでなかったかのようにされているのが、少々可哀想な気がした「丸の内サディスティック」(by 椎名林檎)。