ページ/9ページ |次のページ最終ページ

年越し蕎麦を食べてます

せめて年末らしいイベントのひとつでもしたおこうかと、近所のお蕎麦屋さんで年越し蕎麦を食べることにしたのです。
もうこの日記でもおなじみですよね、近所のお蕎麦屋さん
しかし何と言っても今日は大晦日。
「年越し蕎麦をお蕎麦屋さんで」と考える人々が大勢いることは、例年の店の煩雑振りを目の当たりにしているので十分に考えられることです。
念のために電話をして様子を伺ってみました。
すると……「店が終わった時間にゆっくりお越しください」
……え?
もうホント、商売っ気がないお店なんですね。
いいのかなあ……なんて心配しながらも、お言葉に甘えて閉店時間にお伺いしました。
Oh、何てワンダフル~!
いつも貸し切り状態だというのに、今日は期せずして、マジ貸し切り状態なんです。
もうちょっと早い時間だったら、この店内いっぱいにお客さんが溢れかえっていたはずなんです

さらには大将と女将さんが揃って「「明日から正月休みで打ったお蕎麦が余っても仕方がないので、食べられるだけお好きにどうぞ」
と勧められる、勧められる、勧められまくるんです。
うはー、うはー、うはー。
それってまさか、

蕎麦、食べ放題

ってこと?
そんなお店、聞いたことありませんってば。
食べている端から「もう1枚、いかがですか?」「まだありますよ」。
気分はもうほとんどわんこ蕎麦なんですよ。

結局、気がつけばもり蕎麦を5枚も食べてしまっていたのでした。
こうして結局5枚も食べたのでありました
あー、こんなことだったら最初に天ぷらやごま豆腐、おでんやじゃこおろしなんて一品モノを頼まず、蕎麦一本やりで行くべきでした!
(しかし蕎麦の料金は1枚分だけって……大丈夫なんでしょうか)

女子プロレスで(本当に)年納め

女子プロですよ、女子プロ。
女子プロと言っても、宮里藍や横峯さくらは出てきません。プロレスの方なんです。
今日こそ本気でいよいよ年の瀬も押し迫りましたが、またしても大掃除に年賀状書きといった年末イベントは放棄して、新宿に新しくできた格闘技の聖地、新宿FACEに来ているんです。
ザ・ブラディーとファング鈴木の引退試合興行が行われたのでした。
今の彼女たちの試合は主にJDスターでしか見られないのですが、かつてはライオネス飛鳥率いる「裁恐軍」として団体を超えた会場で暴れまわっていた2人。
今日はその師匠ともいえるライオネス飛鳥を立会人として、最後の試合に臨むのでした。
そして花束贈呈式では、彼女たち2人のキャリアを物語るかのようにJDスターやAtoZ、M's Styleといった選手たちに加え、Jd'やGAEAなど団体の枠を超えた選手や元選手たちが駆けつけ、何だか不思議なムードに包まれるのでした。

キャットファイトで年納め

いよいよ年の瀬も押し迫ってきましたが、特に大掃除といった年末らしいイベントは放ったらかして、遠い遠い世界への現実逃避として、新木場1st Ringにキャットファイトの一団体である「CPE」なんて観に行ってしまいましたよ。
というか、既に前売り券を買っている時点で今日は家の用事を何もする予定にはしていなかったのですけどね。
わははははは。
会場に到着して席に座ってみると、あらビックリ。
席番号から「最前列」「南側」「ド真ん中」という素晴らしい席であることは判っていたのですが、今回はキャットファイト、プロレスとは違って場外乱闘を考慮していないので、リングにほとんどかぶりつきなんですよ。
うはー。
もう色々な意味で大変だった今回の観戦なのでした。

そんな訳で、今回の試合内容の写真をそのままアップしてしまうと、R-18の有害サイトに指定されてしかねませんので(おい)、"遠目に見ると何だかよく判らない写真"に見えるよう、集合体で掲載してみました。
クリックすると、大きな写真がポップアップで表示されますが、R-18指定のものはありませんので、会社ででもご家庭でも、ご安心してお楽しみいただけます。
今日のキャットファイトの模様
【大きな画像で見る】

ブログサイト移転の危機

ドシーッ!
いったい何ということなんですか!
いえね、このブログを公開しているサーバーを運営している会社が

もうサービス停止するからね! んじゃっ!

なんて、こっそりWebページ上だけで発表してたんですよ。
ガ~ン、ガ~ン、ガ~ン。
つまり、せっかく皆さんにアクセスしてもらったり、ブックマークや各種アンテナに登録してもらったこのアドレスが無効になっちゃうのですね。
取りあえず契約期間いっぱいはまだ使えるらしいのですが、確かぼくの場合は2月か、3月ぐらいまでだったと思うので、もう時間がありません。
早いところ移転先を見つけなければ……。
しかも今、サーバーが劇重になって繋がらなくなってしまったたので、ケータイから更新してます。
先が思いやられる……。
どなたか、いいレンタルスペースを提供しているところを、ご存知ありません?

増殖するミステリ・フロンティアの著者直筆POPたち

もう大ファンなんです、紀伊国屋書店の新宿南店。
でも、新宿駅からはかなり離れているので、行くのがついつい面倒になってしまうロケーションなんですよね。
しかし行くたびにいつも何かしらの発見ができる喜びを与えてくれるステキな店なんです。
きっと、面倒なロケーションというハンデを克服するためにお店のヒトが頑張っているのでしょう。

そんな訳で今日もちょっと立ち寄ってみました。
すると......おお。
ミステリコーナーの平台で展開されている東京創元社の新しいレーベル「ミステリ・フロンティア」フェアの著者直筆POPが増えているんですよ。

この写真が最初に見かけたときのこと。
12月15日現在です。
ミステリフロンティアの著者直筆POP(12月15日現在)

誰のPOPがあるのか調べました。
(恥ずかしかったけど店の真ん中でカメラなんか取り出したりなんかして)
すると、以下の12名の作者がPOPを提供していたことが判ったのでした。

  • 畠中恵
  • ほしおさなえ
  • 三津田信三
  • 伯方雪日
  • 鳥飼否宇
  • 獅子宮敏彦
  • 東川篤哉
  • 翔田寛
  • 大山誠一
  • 藤岡真
  • 石持浅海
  • 森谷明子

「ミステリ・フロンティア」から出版されている作家は全部で18名です。
つまり、この時点でpOpの割合は12本÷18名で、66%と言うことになっていたのでした。

ところが今日、その「ミステリ・フロンティア」のコーナーを見てみると......すげ。
何だか数が増えているのですよ。
ミステリフロンティアの著者直筆POP(12月28日現在)

今度も気になったので平台の前にへたり込んで、作者名をチェックしてみたのでした。

  • 畠中恵
  • ほしおさなえ
  • 三津田信三
  • 伯方雪日
  • 鳥飼否宇
  • 獅子宮敏彦
  • 東川篤哉
  • 翔田寛
  • 大山誠一
  • 藤岡真
  • 石持浅海
  • 森谷明子
  • 米澤穂信
  • 桜庭一樹
  • 伊坂幸太郎
  • 永嶋恵美
  • 加藤実秋
  • 小路幸也

な、な、な、なんと! 18名ですよ、18名!
全員分が揃ったようなんです。パーフェクト達成なんです! やったね!

そうなるとますます気になってしまう、飾り付けの使命を全うしたPOPの行く末が......。

ページ/9ページ |次のページ最終ページ