夜空に赤く燃えるインターコンチネンタル

いやー、もう季節はすっかり秋なんですねぇ。
寒いのです、寒い。
陽が沈むと、もうすっかり秋の夜。
でも、夜になるとそこかしこからプンプンと、“秋のにおい”がしてくるのですね。
シャツ一丁でベランダに立ち、寒い寒いと震えながらも、秋のにおいを胸いっぱい肺いっぱいに深呼吸をしながら、ベランダでのんびりと今日1日と言う日の生き様を反省しつつ、明日への活力を養うぼくなのですよ!
(↑書いている自分でさえも、何をしているのか意味判りません)

そして、そんなベランダで生き様を反省するぼくをあざ笑うかのように、今日は何だかみなとみらいの方面がおかしいのです。
何だか赤くて明るいのです。
こんなものを見せられると居ても立ってもいられません。
押入れからゴソゴソと双眼鏡を取り出すと、ベランダの真ん中に仁王立ちになりながら、覗いてみました。
ああ、きっと、この「双眼鏡片手にベランダの真ん中で仁王立ちしている姿」を外から見られると、近所の奥様連中から“アラいやだ、中橋さん宅のダンナさんったら、ベランダで堂々とノゾキなんてしているザマスのよ、奥様。やぁ~ねぇ~、”なんて思われてしまうのだろうなあ……スマン、相方!と気にはなりましたが、赤い光の方が気になるんですもん、やめられません。

どうやら、インターコンチネンタルホテルがライトアップされているようなのです。
20051102.jpg

しかしサイトを見ても、何もライトアップに関する情報が述べられていません。
いや、「インターコンチネンタル」「ライトアップ」で検索をしてみると、幾つか見つかったのですが、それは去年の話。
どうやら去年の12月に、期間限定でホテルがライトアップされていたようなのですね。
しかも色は今回と同じく「赤」。
ということは、今年も12月にライトアップをする予定でおり、今日はそのテストを行っていたのでしょうか。
これはクリスマスに勝負を狙う男子諸君、チャンスですよ、チャンス!

「ぼくの君への想いが膨れ上がってしまって、ホテルがこんなに赤く染まってしまったではないか!」

ぷぷぷぷ、サブイボが……。