ネタバレしてるし、叙述トリックではないし

紀伊国屋書店では、石持浅海の新刊『セリヌンティウスの舟』を、サイン入りで大々的に売り出していました。
ポップだって、こーんなに大きく張り出されているのです。
が、しかし。
よくよく読んでみると「おいおい」。
前作のこととは言え、見事に1行目から“叙述トリック”なんてネタバレしてしまっているのですよ。
全然アカンやん……、って、アレ?
前作ってそんな叙述トリックなんてあったっけ……?
確か、ストーリーとしては犯人がああいうことをして、するとこうなって、結局はそんなことになってしまうといったようなものでした。
なので叙述トリックなんて入り込む余地はなかったはずなんです。
あ!
これはひょっとすると“倒叙”と言いたかったのではないでしょうか。
“叙述”と“倒叙”、“じょじゅつ”と“とうじょ”、確かに良く似ています。
隆慶一郎と峰隆一郎ぐらい似ています。
「違うよ」って教えてあげた方がいいのかなぁ。
そしたらお店から「ありがとうございます」と感謝されて、石持浅海のサイン入りの新刊をくれたりするのかもしれません。