何がいいのかよく判らなかった宇宙堂

宇宙堂「風回廊」が終わりました。
拷問のような2時間半でした。
何が言いたいのか、やりたいのか、目的は何なのか、テーマは何なのか、すべてがよく判りません。
きっと渡辺えり子女史がやりたいように演っているだけなのでしょう。
なので、彼女が「ほらほら、ワタシを見て、もっと見て」と歌って踊るところを黙って観させていただくということがテーマだと思われます。
そんな訳で、もう上演のほとんどの間、ぼくの意識は彼方に飛んでしまっておりました。
ごめんなさい、楽しそうに手拍子をしていた皆さん。
勇気ある“ひとりだけスタンディング・オベーション”をした方。
 
ただ、アコーディオンや三味線、また舞踏など、演劇とはまったく異なる分野の第一人者とのコラボレーションはよかったですね。
そこだけなんです、よかったのは。
会場周辺のあちこちで行われていた大道芸の方が、まだまだ面白かったのです。
20051023-002.jpg