ハードディスク、交換中

色々と紆余曲折がありましたが、ようやくNECから技術員がやってきました。
いかれたハードディスクを交換してもらっているところです。

単にイカレたHDDを交換するだけと思ったら、「RAID構築されたHDD交換は初めて」とのことで、マニュアルと首っ引きでエライこと作業しています。大丈夫かいな……。

作業は、単に壊れたヤツを取り外して入れ替えるだけかと思っていたら、何やらゴツイ機械でデータをコピーをしてからセットするのだとか。
ヒト様には決してお見せできないデータをコピーされたらどうしようとドキドキ。

すべての作業が終了後、「ではスイッチを入れてください」。
おお! ハードディスクを認識しているよ!
エラーメッセージが出ないよ!
やったね! ……あれ?
いつまで経ってもPCが立ち上がらないのです。
「……これはどうなっているの……?」と訊こうとすると、技術員のお兄さん、「サポートに訊いてください」と、脱兎のごとく帰っていってしまいました。

まさか……。