平日、業務時間内に作業員はやってくる

パソコン壊れたと大騒ぎするのもいよいよ最終章。
ようやく、ぶっ壊れたハードディスクを交換しに技術者が家に来る日の連絡がありました。
「水曜日にお伺いします」
お伺いしますだなんて、もう勝手に決め付けられているよ……。
「いや、水曜日と木曜日は会社でどうしても外せない用事があるので、他の日にしてもらえますか?」と丁重にお願いすると
「でも、当社にハードディスクが届くのが水曜日なんで、水曜日にしたのですが」。
んー、なんだか話が食い違っているよ。
どうやら先方は、「ハードディスクが届いたその日に行ってやるんだぜ」と恩着せがましく思っているご様子。
さらには「それを他の日にしろとはどういうことなんだ、コイツは……」と迷惑がっているご様子。

そんなことでいちいち目くじらを立てるにはもう疲れ果てていたので、「じゃあ、家族が作業に立ち会っていればいいですね」と聞くと、「でも、どのハードディスクが壊れているのかを確認しながら作業を進めたいですので」。
まあ、そりゃそうだ。
作業員が家に来て家族の前で勝手に作業したものの、実は正常なハードディスクを交換しちゃっていたよ、おい……なんていう事態は、ぼくとしても避けたいのです。
「金曜日だったら何とかなるので、その日にしてもらえませんか」と、あくまで下手にご機嫌伺いし、何とか21日で決定しました。

しかし今度は時間が決まらないのです。
「何時ごろになります?」と聞くと、「何時といわれても……」。
何じゃそりゃ。
「こちらも会社を抜け出しますので、なるべく遅い方がいいんです」と言うと「そうですねぇ……じゃあ16時ということで」。
16時って、午後4時のこと?!
十分早いやん。
涙を流して悔しがるぼくなのでありました。
このせいで金曜日に予定されていたミーティング、リスケしてもらいましたよ。
ごめんなさい、部長。
20051018.jpg

コメント

サポートのレベル低いですね・・
いつの時代の感覚なんでしょうね。

それにしても、特に変わったこと頼んでるわけじゃないと思うんだけど、なんで向こうは例外対応みたいな顔するんだろう?

水冷式ってことは、N○Cですよね?
まったく・・

はっはっは。
確かに「水冷式」と書いちゃった時点で、メーカーが日●電気とモロバレですね。
技術者が来てくれるのは、その関連会社ということで、どんな会社なのか、Webで調べてやりました。
その会社としても、保守料金として年間22,680円も払うと、出張修理サービスをしてくれるそうですが……やっぱり書いてありました。

【作業時間帯】
月曜日から金曜日 8時30分から17時30分まで

これで法人向けだけじゃなくて個人向けにもサービスを展開していると言うのだから、なんともはや……。
世の中には殿様商売があるものです。

10年くらい前の感覚が抜けないんでしょうねぇ。
今ではPCなんてお客さんのが詳しいことがあるくらいだと思うんですけど。いやはや。
というか、サポートセンターは関連会社の人間が行きますって話をお客さんにしていいのでしょうかね?
信用なくすだけな気が・・

今回、実は単にHDD送ってくるだけだったらもっと早く方が付いてたような。向こうが変な提案するからこじれてしまっているわけで・・
部品だけ来るのなら書庫訪問もあわせてお手伝いに行ったのにー。

まあ、ぼくとしては「作業をしに来てくれる」というところで、邪魔くさいことは何もしなくていいし、人件費をかかることを考えると、少なくとも購入代金からモトはちょっとでも取れているのかなあ……などと、イヤラシイことを考えてしまいました。
そのためにいろいろと面倒な思いをさせられてしまったので、結局はあまりモトが取れたような気はしませんでしたが。

……そっか、●●社にサポートサービスをするつもりで、個人的にひろしさんにお願いすればよかったか(←こらこら)。