シベリア少女鉄道「スラムダンク」(新宿シアター・サンモール)


今日はシベリア少女鉄道を観に、新宿はシアター・サンモールへ来ています。
この劇団、演ずる内容そのものより、どのようなトリッキーな仕掛けで我々観客の度肝を抜いてくれるのか、それが楽しみなんですね。
今回は、オチ(仕掛け)が一つに留まらず、「これでもか」「これでもか」と四重にも。
さらに、終わってみれば、タイトル(「スラムダンク」)はもちろん、宣伝チラシの写真(「タイガー&ドラゴン)」から出演者の案内チラシ(役者名にふりがな入り)、そして客席のスタイル(舞台を中心に2分割された客席が向かい合う)にいたるまで、ステージが始まる前から、そこかしこに伏線が張り巡らされていたことに気がつかされるのです。
やられたー。

上演中、やけにユラユラしているなと思ったら地震でした。
小さな揺れのあと、もしいきなり大きく本震がきていたら、おそらくこの劇場はマンション地下なので生き埋めになってしまうところでした。
ヤダなあ、コワイなあ、とドキドキしていたのでしたが、幸い何事もなく、OKOK。
揺れている間も、役者は何事もないかのようにステージを続けていました。

帰り道は厚生年金会館の前を通ります。
ああ、この中ではまさに今、キース・エマーソンが日本最終公演を行っているんですよねぇ・・・。
(昨日に思いをはせている)

トラックバック

» シベリア少女鉄道「スラムダンク」観劇記 from のへぴょんのスゝメ
新宿シアターサンモールって初めてだった。 地図を頼りに行くも、迷って交番にたずね、 駅から結構歩いてたどり着いたのは、黒いレンガ調のゴージャスな建物? と... 続きを読む