本上まなみのトークショウって!

世界の秘密を解き明かすべく、ぼくが密かに街へと潜り込ませた(←もちろんウソです)そりまち嬢から、驚くべき極秘情報が送られてきました。
なんと、10月22日に銀座の教文館で本上まなみの朗読&トークショウが行われるというのです!
ナマ本上まなみ、略して「ナマ本」をじっくり拝めるチャンスなんて、そうそうあるものではありません。
これは何としても行かなければならないのです。
しかし。
10月22日と言えば、もう来週の土曜日じゃないですか!
定員がたった100名とのことで、もうダメじゃないかと弱気で、それでも念のために電話を掛けて訊いてみたのです。
すると......「まだ大丈夫ですよ」。
おお、神よ。あなたは我を救いたもうたのか。
もう速攻で予約ですよ、予約。
すると伝えられた整理番号を聞いてさらに「マジでっ!?」とビックリなんです。
なんと47番というのですよ。
定員が100名なのに、まだ47番ということは会場は半分も埋まってないということですよね。
大丈夫でしょうか。何だか心配になってきました。
今回のこのイベント、実は本上まなみのそっくりさんで「本上まなみ(もとうえまなみ)」というヒトの営業だったらイヤだなぁ......。
(↑場末の温泉旅館じゃないんだから)

トラックバック

» 銀座の中心で携帯をかざす from こころにうつりゆく よしなしごとを
今日は銀座。なんか美味しいもの食べたいなーと、本屋の店先で雑誌をパラパラめくってると、ふと目に付いたポスターが。 「本上まなみの朗読&トークショウ」 ... 続きを読む

コメント

殿!無事にご予約されたとのこと、お慶び申し上げます。
お庭番として日夜情報収集に励んでいた成果が実って、ワタクシもうれしゅうございます。

つか、よく空いてましたね。トークショウの予約もさることながら、中橋さんのスケジュールが(笑)
休日の中橋さんといえば、芸能人なみに忙しいのに。

お庭番と言うよりも、「くのいち」ですね。
くのいちといえば、由美かおる。
そんな訳でまずはお風呂に入らなければなりません。
頼みますぞ、助さん、格さん(←何を頼んでいるのか、ご隠居は)。

トークショーですが、昼と夜の2回行われることが幸いしました。
もうこの日の夜は、既に笹塚へ演劇を観に行く行く予定が入っていたんです。
なのでトークショーも夜だけだと涙を飲んで諦めていたところでした。
ああ、やはり神はぼくを救いたもうたのですね!