歌野晶午がいっぱい

この間はblogでも、「丸善へ急げ!」なんて書いてしまった歌野晶午のサイン入り新刊ですが、紀伊国屋書店に来てみると、ここでも山積みでした。
しかも色紙付き!
いつも思うのですが、この色紙は展示が終わるとどうするのでしょうか。
やっぱり店員のジャカジャカじゃんけんで争奪戦でも行うとでも?