またまた島田荘司!

わお。
かつては、島田荘司御大のサインを持つことが夢だったぼくなのですが......、ああ、またしても島田荘司のサイン会が、今度は神保町で開催されるのですよ。
http://www.tsogen.co.jp/np/oshirase.do

もう速攻で三省堂書店に行ってきましたとも。
レジで「サイン会のための予約をしたいのですが......」と伝えるとお姉さん、ハイハイと何やら台帳にぼくの名前を書き込むだけ。
「予約」と言うからには、てっきりお金を前払いして、その引き換えに整理券が渡されるのかと思っていたのですが、もうこれだけで「予約」は完了したようです。
大丈夫なんでしょうか......一抹の不安。

そんなお姉さんの予約作業を、レジカウンターの手前から覗き込んでみると......おお、丸見えなんですよ、丸見え。メチャクチャ見えてますってば(←なんか違うところが見えているようでヤラシイ)。
この個人情報保護のこの時代に、名前と電話番号が見え隠れ。
いやいや、お姉さんが一生懸命に隠そうとしているもんだから、逆に余計に気になってしまってついつい覗き込んでしまったんです。
いわばチラリズム的に個人情報の漏洩なんですね(意味ワカラン)。

トラックバック

» 島田荘司サイン会~迷子編 from 読書日記のようなもの
一人囃子さんのblogで、島田荘司のサイン会が神保町であることを知り、「こりゃ絶対いかなくちゃ、フンヌラバナーー!!」とか思って、うきうきしていって、うっかり御... 続きを読む

コメント

そしてまたしてもニアミスしたようです……

実は……。
カウンタ越しに覗き込んで名前が見えたのは、深川さんのお名前だったのです。
だって「ナ行」と「ハ行」が隣り合っていて、見えているんですもん……。

ところで、ぼくが貫井徳郎のサイン本を抱えてウロウロしていると、北森鴻の『写楽・考』を持っている人とすれ違いましたが……まさか……深川さん?
(時刻にして午後4時前ごろ)

うわー、時間帯も合ってるのでかなりの高率でわたしです。雨が降らないか気にしていたので、こちらは気づきませんでした……うわー、なんか悔しい。

ぎゃーーー!! サイン会いきたい!!
島田御大のサイン本は一種もってるのですが、それ、雑誌の懸賞であたったものなんですよねえ。
100名って少ないですよね。
明日いっても間に合うだろうか…。

●深川さん:
おお、それはすごい! まさにニアミス! 本当の意味でのニアミス!
本屋さんで買う本を持って歩いている人がいると、ついつい「何を買おうとしているのかな」と見てしまいます。
(立ち読みしている人も気になって覗き込んじゃいますね)
昨日も「北森鴻を持っている人がいるなあ」と印象に残っていたのですが、それがまさか深川さんだったとは……。

●ハルカさん:
行きましょう、行きましょう! サイン会に行きましょう!
昨日の夕方に台帳を覗き込んだ限りではまだ100名にも満たしていなかたっと思うので、大丈夫ではないかと。
電話して確認されてみてはいかがでしょう。
しかしハルカさん、シマソウ御大のサイン本を懸賞でゲットってすごいですね。
そういえば、ぼくもハルカさんに代理応募してもらって、柄刀一サイン本が当たったこともありましたし、実はラッキーガール?

電話で予約してみました。

シマソウといえば中橋さんと再会したのも、シマソウのサイン会でしたね。

そうそう、そうでした、そうでした。
あの時はやたらと待ち時間が長かったサイン会でしたね。
でもその分、写真を撮ったりお話をゆっくりしたりと、ずいぶん充実したものでした。
今度もそんな感じなのでしょうか。

無事予約してまいりましたー。
TBさせてもらいました。
当日は迷いませんように…。

おお、よくぞご無事で……。
御茶ノ水から行ってしまったのですねー。
確かに三省堂は神保町の中でも御茶ノ水方向に位置しているとはいえ、結構遠いっす……。

当日はお母様の分まで楽しんじゃいましょう!