東京駅は混線中

いつものようにいつものごとく。
山手線に乗って、ボーっと車窓の外を流れいく景色を見るともなしに見ていたのですね。
ところが。
どうも外の景色の様子がおかしいのです。
確かにおかしい。
山手線に乗ったときにいつも見る車窓からの風景と微妙に違って見えているのです。
この山手線はどこを走っているというのでしょうか。
ひょっとしてショッカー軍団の大掛かりなワナに掛かってしまって、ぼくは誘拐されようとしているのでしょうか。
これがテレビドラマだったら、タクシーに乗ったヒロインが不安そうな顔で

「ちょっと運転手さん、道が違うんじゃないの......?!」

などと問い合わせる場面なんですよねぇ。
っぁぁぁかぁ~、言ってみてえ!
思いっきり不安そうな顔になって

  • 「ちょっと運転手さん、ポイントが切り替わってないじゃないの......?!」
  • 「ちょっと車掌さん、滑舌が悪いんじゃないの......?!」

などと言ってみたいのです。
それぐらい変なところをこの山手線は走っているのです。
しかしそれでも列車は無事、東京駅に到着したのでした。
そしてホームに降りて「ありゃりゃん」。
ビックリしてしまいました。
何しろ京浜東北線のホームに山手線が停まっているんですよ。
しつこいようですが、京浜東北線のホームに山手線が停まっているんです

当然、山手線が京浜東北線の線路上を走っているからと京浜東北線の運行を休ませることもできません。
おかげで、午後3時過ぎという落ち付いた時間帯なのに、ダイヤはラッシュ時並み。
2分間隔で電車が次々と交互でやってくるのでした。
ニッポンジンのワザですなー。
構内で注意を呼びかける駅員さん、行き先がゴッチャになってしまって、行き先アナウンスで大わらわになってしまっていました。
ひとつのホームに山手線と京浜東北線が出入りしてます

しかしいったいJRに何が起こっていたのでしょうか。
異次元空間(トワイライトゾーン)がポッカリと口を開けており、その中に電車が吸い込まれてしまったのでしょうか。
そしてその異次元空間(トワイライトゾーン)のねじれが、山手線と京浜東北線を混線させてしまったのですよ。
きっとロッド・サーロングが白黒画面の向こうから、にこやかに

これは別世界への旅です。
目や耳や心だけの別世界ではなく、想像を絶した素晴らしい世界への旅。
あなたは今、ミステリーゾーンに入ろうとしているのです。

なんてアナウンスしているのですよ。
ああ! 行き先アナウンスで大わらわだった駅員さん、じつはロッド・サーリングだったのか!
あまりの大わらわぶりに、いつものアナウンスができなくなってしまっていました。