早川サイン本フェア

早川書房ってば、忘れた頃にサイン本フェアなんてやってくれるのです。
おかげで下手に新刊でなんて買ってはいられません(かなりの小心者)。
今回は小池真理子『恋』や皆川博子『死の泉』なんて古いものもあるので、おそらくは出版社に返本されたものを再度書店に送り込む為のリサイクル対策なのでしょう。
しかしこのサイン本フェアで応援を求められる作家の方は、出版社からなんと頼まれるのでしょうか。
「お前の本が山のように返本されているから、ちょっと助けてよ」なんて言われようものなら、ちょっと落ち込みそうです。