木村祐一SHOW「写術」(恵比寿ガーデンホール)

そんな訳で、今日は夏休みの消化日。
とろけそうな猛暑のなか、意地で昼までグゥグゥ寝てやりましたとも。
へへヘ。

夜は、1年ぶりに"キムキム兄やん"こと木村祐一によるイベントショー「写術」を観るために、恵比寿ガーデンホールに行きました。

ガーデンホールの最寄り駅であるJR恵比寿駅には、構内にさぬきうどん屋さんがありました。
夏休みの旅行でさぬきうどんをたらふく食ってきたばかりなんですが、どうもそれ以来、「さぬき」の文字にめっぽう弱くなってしまっているぼくなんです。
いわゆる"駅スタンド"なので、あまり期待はしていなかったのですが......おお?!
これがなかなかどうして大正解なんですよ!
うどんはまさにコシがしっかりしていて、ノド越しがいいこといいこと!
本場四国でも、ココまでしっかりとしたうどんはなかなかお目にかかれないでしょう。
それほどうまいのですよ!
これからさぬきうどんが食べたくなったら、恵比寿に来ようとかたく心に誓った今日なのでした。
恵比寿駅構内のさぬきうどん屋さん、バンザイ!

ガーデンプレイスまで来ると、どうやら雨がポツリポツリと降ってきたようです。
開演の19時まで、まだ1時間近くもあります。
仕方ありません、ガーデンホールの目の前にあった「Afternoon Tea」に飛び込んで、ケーキとコーヒーを頼んで雨宿りをしました。
「Afternoon Tea」のフルーツケーキとコーヒー(雨宿りの友)
ところが、食べ終わって「さあホールに移動しよう」と傘を用意して店の外に出てみると......おいおいおいおい。
雨なんて降ってないじゃないですか。
地面も濡れている気配もないじゃないですか。
すぐにやんだようなんです。
何だか虚しく、トボトボとガーデンホールに向かいました。
傘が重いぜ。

木村祐一イベントは大盛況、満席です。当日券による立見(劇場両脇)もどうやら目一杯入れている様子です。
スゴイ人気なんだと改めて実感しました。
内容は、いつものように街で見かけたあんなもの、こんな張り紙などを面白おかしく解説を織り交ぜながらの紹介です。
ただ、どうも乗り気はもうひとつ。
観客のノリが悪いからか、木村祐一本人のテンションが低いのか、その両方なのか、あるいは初日と言うことでエンジンがさほど掛かっていないのか......どうなのでしょう。
終了も21時30分と(それでも単独のトークショーとしては長いですが)、22時を過ぎた去年に比べると、今年はちょっと物足りなさを覚えてしまいました。
ただ、ネタとしては面白かったので、できれば翌日も当日券を買って、また観たいなと思わされるものでした。
エンジンも少々は温まっているかもしれません。
イベントが終了、今日最も受けたネタを映したままキムキム兄やんが去ったステージ

その帰り、最寄り駅から自宅までテクテクと歩いていたときのことでした。
あともう一息で家というところで、突然にヤツに襲撃されてしまったのです。
嵐ですよ、嵐。アラシ。ARASHI。
気象予報的には"大気が不安定な状態"と言うのかもしれませんが、いえいえ、あれは立派な大嵐なんですね。
もう横に叩きつける風雨の粒が大きすぎて、前なんて全然見えないのですよ、まったく。
視界はわずか数メートルと言ったところでしょう。
「ひえぇぇ、こりゃタマラン」と、ヒトさまの家のガレージに飛び込んで雨宿りなんてさせてもらいました。
それでももう頭の先から靴の中まですっかりビシャビシャ。
着エロ状態になってしまっていたぼくなのでした。
突然の大雨に道路もすっかり煙ってしまって......のはずでしたが、よく見えていますね。おかしいなあ......