視界、わずか数メートルの大嵐

最寄り駅から自宅までテクテクと歩いていたんです。
あともう一息で家だ、と思ったところでヤツに襲撃されてしまったのです。
突然の嵐。
気象予報的には大気が不安定な状態と言うのかもしれませんが、いえいえ、あれは立派な嵐です。あんな横殴りのような風まで吹かれたら、前なんて全然見えません。
すぐさまヒトさまの家のガレージに飛び込んで雨宿りをさせてもらったのですが、それでももうビシャビシャ。
すっかり着エロ状態になってしまっていたぼくなのでした。