夕暮れどき

ほんのり茜色に染まった雲が、早くオウチに帰りなさいと。
でもまだまだ帰られないのです。