ああ、本谷有希子だぁぁ!

吉祥寺シアターでの矢内原美邦の公演終了後、本谷有希子とのトークショーが始まったよー。
本谷有希子、カ、カ、カワイイー。
最前列に座れて、ああシアワセ。
まるでストーカーのごとく、とにかくそのお姿をジッと見つめてしまいました。
トークショーなのに、話なんて聞いてません(あかんやん)。

そして終了後、アンケートを書き上げてロビーに降りてみると……ドヒィー!
なんと目の前には本谷有希子ご本人がいるじゃないですか!
ぼくのすぐ横で、お友だちとお話をしている本谷有希子……嗚呼、何と言うことでしょう!
こんなことだったら、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を持ってきておくのでした……とほほ。
彼女のサインがもらえたかもしれない貴重なチャンスを無にしてしまって、一生の後悔を背負ってしまった今日という日なのでした。

せめてもの記念に、まるで本谷有希子と友だちであるかのように、さりげなく彼女と並んで立って、ほんのひととき幸せを噛みしめてしまいました。
しかし彼女って、ホント、細いのですね。
そんな訳でそのままヒョイと抱えて持って帰ってしまうところでした。
(以前にアートスフィアで優香を見かけたときと同じことをして、同じことを言っている成長のないオレ)

トラックバック

» 「江利子と絶対」  本谷有希子 講談社 2003年 from 華麗に舞う文学
『江利子と絶対』を読んだ。この単行本のなかには三つの小説が収められている。作風はとえば岡崎京子と中原昌也を足してニで割ったような感じです。 本谷有希子とい... 続きを読む