母親からのメッセージ

方言といい、勝義さんが亡くなってまだ1年といい、もう70歳のかあやんといい、「一回でもええけん」という懇願モードといい、もう涙なくしては読めません。
きっと、忠一さんは勝義さんが亡くなっていることを知らないのでしょう。
(ますます涙)

コメント

これではなんの裏取引かわかりませんねぇ。

裏取引!
いえいえ、そんなものはないのです!
かあやんからの心の叫びなのです!
ああ、忠一さんにかあやんからの心のメッセージは届いたのでしょうか。
(またしても涙)