スティーヴン・キングはなぜStephen Kingなのか

サンケイ文庫の短篇集を読んで、一気にファンになってしまったスティーヴン・キングなんですが、その頃からの疑問だったんです。
なぜStephen Kingと書いてスティーヴン・キングと読むのか。
この綴りだったら、「ステファン・キング」じゃないのか。
0385516487.01._PE15_SCMZZZZZZZ_.jpeg

そんな訳で、英会話のレッスンの際、先生に聞いてみました。
すると彼いわく、「ウワォ、そんなこと考えたこともなかったよ。グッドなクエスチョンだぜっ!」。
褒められてしまいました。

彼の説明によると、もともと「ph」は、「f」の発音をする(例:pharmacy)のだけれど、単語の中にある場合は「v」の発音になるそうです。
だから「Stephen」は「スティーヴン」なのだそうです。
そうなのか! なるほど!
ただし例外的に女性名である「ステファニー」の場合は「f」のままで、決して「ステヴァニー」にはならないとのこと。
へぇ……あれ?
でも、「ステファン」という名前の人も確かにいるよなあ……と思って調べてみると、なんと!
「Stephane」なんですね。
綴りが違うのでした。

下のコメントにも書きましたが、先生曰く「もともとヨーロッパではStephenが多く使われて、アメリカではStevenが使われる」のだとか。
なるほど! Stevenだと確かにスティーヴンですよね!
そんな歴史的な事情もあるからか、先生によると「Stephenだとちょっと古風な感じがして、Stevenだと現代風な感じがする」とのことでした。
「渡邊」さんと「渡辺」さん、「澤田」さんと「沢田」さん、みたいな感じなんでしょうか。

そうか!
だから欧米人にとっての「Stephen」Kingは、ニッポン人で言うところの「黒沢明」じゃなくて、「黒澤明」みたいなものなのかもしれませんね!

そういえば、「中田」と書いて、サッカー選手は「ナカタ」だけど、横浜市長は「ナカダ」にあるのはなぜか?と訊かれるようなものなのでしょうか。
うーん、そんな質問されると確かに困るよなあ……。

コメント

ステファンキング検索してみました。
ど真ん中 解答。
ありがとう。

コメントをどうもありがとうございます。

ちなみに、そのときに先生が言われたのは、「もともとヨーロッパではStephenが多く使われて、アメリカではStevenが使われる」のだとか。
さらには「Stephenだとちょっと古風な感じがして、Stevenだと現代風な感じがする」とのことでした。
日本で言うと、「渡邊」さんと「渡辺」さんの違いのようなものでしょうか。

はじめまして。
stevie ray vaughanというミュージシャンの本名であるstephenの読み方を調べていてたどり着きました。
役に立つ情報をありがとうございました。

オオクボ~ンさま
初めまして。どうもコメントをいただき、ありがとうございました。
stevieさんというミュージシャンはまったくながら知りませんでしたが、本名をstephenさんというのですか。
やはり「スティーヴン」さんのニックネームは、「Steven」でも「stephen」でも「スティーヴィ」になるということなんでしょうね。
お役に立てて何よりです。

しかし、考えてみると英会話学校でたまたま先生と話した単なる「雑談ネタ」なのに、こうして皆さんのお役に立てるとは……人生どこで幸いなるか判りませんね。
これからもよろしくお願いいたします。

stevie ray vaughanはアメリカで80年代に一世を風靡したブルースロックギタリストです。
残念ながら1990年に事故でなくなっていますが、その墓石にはstephen ray vaughanと刻まれています。
Wikipediaの表記がステファン(スペルミス有り)になっていたので、後で訂正するつもりです。ありがとうございました。

おお、ブルース系のギタリストでしたか。
教えていただきありがとうございます。

しかし、確かに「stevie ray vaughan」と言う名前で活躍していた人なのに、「stephen ray vaughan」と書かれると、「ステファン」?と思ってしまいますね。
ぼくも作家のスティーヴン・キングがいなければ、「ステファン」だと思い込んでしまうところでした。

しかも先のコメントにも書いたように、単なる雑談ネタだったはずの内容が、ウィキペディアの情報修正まで活かしていただけるとは……。
もう光栄以上ですね。

今後も、皆さんの役に立つブログ作りを目指します!
(と宣言してできるものではありませんが……)