くすぐリングスでちょっぴりオ・ト・ナの夜

新宿コマ劇場では、今日からロックミュージカル「We will rock you」が開幕だそうです。
ははあ、それでなのか。新宿コマ劇場前には長蛇の列なんです。

しかしながら、今日のぼくは新宿コマ劇場でも、「We will rock you」でもありません。
その斜向かいに建つ雑居ビルの地下2階が目標地点。
ここにひっそりと店を構える新宿ロフトワンへ、「くすぐリングス」を観に行ってきたのでした。

「くすぐリングス」ですよ。前田日明はいませんよ(それはただのリングス)。
くすぐリングス presents 「ネイチャー系キャットファイトくすぐリングス」

そもそも新宿ロフトワンって初めて行ったのですが、実に濃密な空間ですね。
まず"雑居ビルの地下2階にある"というのが、なかなか"秘密のスペース"っぽくてステキなんです。
もう怪しい催しものにはピッタリ。
しかも中に入ってさらにビックリなんです。
メチャクチャ狭い! ゆえにステージが近い!
座った高さの目の前にステージがあるんですよ。
しかも今回観に行ったのが、くすぐリングスでしょう、もう大変なんです。

くすぐリングス。
ああ、それは甘く切なく危険な香りのするオトナのエンターテイメント。
3分3ラウンド制の異種総合格闘技。
("異種"の意味が、通常の格闘技と違いますが)
そんなオトナのための異種総合格闘技が、椅子に座ったぼくの目の前、本当に真ん前50センチの位置で展開されてるのですよ。
うひゃあ、コイツはスゲエや。
試合も楽しませてくれたのですが、休憩時間になっても催しはお留守になることなく、各選手がウダウダと客席を回ったりステージでへべれけになっていたり。
そんなこんなもひっくるめての「ショー」なんですね、いわば。
そして、試合の解説は何と、あの唐沢俊一なんです。
全然知らなかったのですが、これまでもずっと唐沢俊一が担当していたんですね。
何か著作本でも持っていって、サインでもおねだりしたかったなあ......などと考えてしまうぼくはミーハー野郎なんです。
いやあ、「ああ、ああ、オトナってホント、いいよなあ」と実感できてしまうエンターテイメントがこんなところにあったとは。
ウットリ。

しかしこのウットリ具合を、どのように説明すれば味わってもらえるのか考えてみたのですが、写真が結構アブナイのです。
きっと、そのままアップしちゃいますと、どれもこれも皆、引いちゃいそうです。
それでも何とか見てみてもらうため、小さく加工してみました。
わははは、遠目に見れば何が何だか判らんでしょう。
しかし! この写真を思い切ってクリックしてください!
なんと、大きな写真がポップアップで飛び出してくるのですよ!
「くすぐリングス」にしては、オトナシイ写真ばかりをピックアップしたのですが......
さあ、思い切ってレッツ・トライ!

とにかく中身が濃い2時間半で、店を出る頃にはもうすっかりお腹イッパイになってしまいました。
お腹一杯と言えば、新宿ロフトワンってライブハウスじゃなくって「居酒屋」なんですね。
と言うわけで、カレーライスや一品ものなどをモリモリ頼んじゃって、モリモリ食べてきちゃいました。