英会話、そして新木場で「JDスタープロデュース」興行

何を血迷ったのか、今日から英会話教室に通うことにしました。
とは言うものの、こう見えても普段は会社でサラリーマンの身、ゆっくり習いに行っている時間も取れそうにないので、会社の近くにある教室に通うことにしました。
が、ここに大きなワナが。
ぼくにとって「会社の近所の便利な教室」は、他のサラリーマンやOLにとっても同様、平日に通いやすい環境にあると言うことですね。
そんな訳で目論見どおりに平日のレッスンは取りにくく、結局、休みの日なのに会社近所まで出てくる羽目になってしまいました。
十数年ぶりの英会話に、変なところから変な汗を吹き出しまくりながらも何とか初回のレッスンは無事終了。

さて困ったのはここから。
なんと次の予定まで2時間も時間が余ってしまっているのです。
続いての予定は新木場なんです。
こんなところ、早めに行ってもなーんにもありません。
お店すらないんですよ。

そんな訳で。
歩いて行きましたとも、東京駅から新木場まで。
……やめときゃ、よかったです。あんな遠いとは思いもしませんでした。
寒いし、風は強いし、日は暮れてくるし、足にマメはできるし、靴底ははがれてくるし、トラックに排気ガスは掛けられるし……、もう散々です。いいことなんて何にもありゃしません。
それでも、時間だけは十分につぶせました。
新木場に到着したのは、目標時間のちょうど10分前。
バッチリバリバリグーでした。

新木場に何用かというと、もうお判りですね。新木場 1st RINGに、恒例の女子プロ観戦なんです。
JDスタープロデュース「EXPERT ~新世代編~」

しかし今回のカードは、なかなか魅力的なんです。
何しろ、興行主催であるJDスター所属選手に加えて、M's Style、我闘姑娘、AtoZ、JWP、NEO、K-DOJO、そしてなんとIWA(!)と、多くの団体選手が出場しているのですから。
試合数は、エキシビジョンマッチを加えると全7試合。
久々にJDスタープロデュース興行としては、「お腹いっぱい」の贅沢な内容でした。

あるいは、会場で最も湧いたのは、IWAの竹迫望美のセコンドに、チョコボール向井がついたことでしょうか。
相手選手からは「あーっ! 新聞で見たことあるヒトがいるっ!」などと野次られていましたし。
竹迫望美のセコンドについたチョコボール向井。かなり真面目です