おフネさん、ご乱心

電車の中で、何やらワカメちゃんが引きつった笑いを浮かべて、ちょっと困っていました。

引きつり笑いのワカメちゃん。一体どうしたと言うのでしょう

一体、何が彼女の身の上に起こったと言うのでしょう。
よくよく観てみると、どうも一緒に話をしているフネさんが困ったことを言っているようなのです。

ワカメちゃんに将来設計を語りかけるフネ
ワカメ、将来、就職するんなら、日本郵船がいいんじゃないかい。

ワカメちゃんといえば確かまだ小学3年生。
このお年頃の女の子の将来の夢といえば、「お嫁さん」とか「お花屋さん」とか「パン屋さん」とか、そういった身近なものではなかったでしょうか。
なのにいきなり「就職」ですよ、「就職」。
いくら今が就職難の時代だからって、小学校3年生から就職を考えさせてどうするつもりなんでしょう。
しかも「日本郵船」なんて、えらく具体的に社名まで出しちゃっていますよ。
何を根拠におフネさんは、日本郵船なんて言い出したのでしょうか。
そしてワカメちゃんのこの引きつった笑い。
そしてどこか諦めに似た表情をも見ることができます。
きっとワカメちゃんは心の中で、「またお母さんの繰り言が始まったわ」とため息をついているのでしょう。
そうです、きっとフネさんは年がら年中、まだ小学生である自分の子供たちを捕まえては、「日本郵船に就職するのがいいんじゃない」などと言っているに違いないのです。

それが証拠に……ホラ!

カツオくんに将来設計を語りかけるフネ
カツオ、将来、就職するんなら、日本郵船がいいんじゃないかい。

まったくもって同じことを、今度はカツオにも言っています。
カツオだってまだ小学5年生。
そんな何十年も先の心配よりも、中島と遊ぶ約束に遅れそうなことの方が心配なはずです。
見てくださいよ、カツオくんだってメチャクチャ困りながらも、どこか「ああ、母さん。まただよ」といった諦めの表情が見てとれるのです。

しかし、どうしてフネさんはここまで自分たちの子どもに「日本郵船」などと具体的な社名まで出して、就職を勧めるのでしょう。
サザエさんと言えば「東芝」ですよ。
なのに日本郵船。
すると、エライ事実を発見してしまったのです。

日本郵船は実はフネがオーナーだったのです!
フネの会社です

オー! マイ! ガーッ!
なんとフネは「日本郵船」のオーナーだったらしいのです。女帝ですよ、女帝。
あの亭主関白を絵に書いたような波平にいつもニコニコ接しているあのおフネさんが……女帝。

きっと今のうちにワカメちゃんやカツオくんを会社に呼び入れ、一族で経営していこうと言う魂胆に他なりません。
恐るべし、おフネさん。

経営陣を一族郎党で固めると言えば、マスオなんて筆頭に引き入れられるのだろうな……と見てみると、ありゃりゃ。

姑としてのプレッシャーを、マスオさんにさりげなく与える鬼のようなフネ
マスオさん、いつかは、サザエを世界一周クルーズに連れていってやってくださいよ。

アカの他人であるマスオさんには、決して「今、転職するんなら、日本郵船がいいんじゃないかい」とは一言も言わないようです。
それどころか、オニですよ、オニ。
「いつかは連れて行ってやってくださいよ」という言葉の陰には、「フン、この能無し男の甲斐性なし」という罵りのニュアンスが含まれていることに気付かなければなりません。
ただし、決してそれを表に出さず、娘の名前を出して「嫁の母」という微妙な立場から、真綿で首を絞めるかのようにジワジワとプレッシャーを与えているわけですね。
さすがは女帝、やり方がうまい。
放送の中ではサザエさん一家と仲良く円満な家族関係を築いているように見えるマスオさんですが、一旦収録が終わると、きっとこのようにおフネさんからチクチクと苛められているに違いないのです。

そう思うと、苦笑しながら頭をかいているマスオの眼が、実は笑っていないことに気付きませんか……。
ひょっとすると、我々からは見えない左手の先には、バタフライナイフか、文化包丁か、あるいはナタか、日本刀か、牛刀か、スタンガンか、マシンガンか、手榴弾か、とにかく何らかの武器を持っていないとも限らないのです。
一家惨殺までもはやカウントダウンに入っているかもしれません。

そして、これが実の娘になるとどうかというと

フネよ、あなたは独裁者になりたいのか
サザエ、あたしがいるから、サザエがいるんだよ。
タンカーがあるから、石油も来るんだよ。

もはやサザエさんは、おフネさんの言うことなど聞く耳持ってません。
カメラ目線でニヤニヤ笑いっぱなしです。
そりゃそうです。
なぜか皿を拭きながら、いきなり「私がいるから、お前がいるんだ」などと恩を着せてくるのですから。
しかも、「タンカーがあるから、石油も来るんだ」などとワケの判らないことを口走り始めています。
これは非常に危ない兆候と言えるでしょう。
サザエさんもニヤニヤ笑っていないで、至急、対策を打っておいた方がいいのです。

しかしこのおフネさん、どうせだったらこの調子で街に飛び出して

  • サブちゃん、あなたが持ってきたお醤油も輸入大豆が原料なんですよ
  • 伊佐坂先生、紙の生産がストップしてもe-Novelがありますよ
  • アナゴさん、あなたのその大きなクチビルを何とかしてくださいよ
  • 花沢さん、あなたの家にはカツオを婿入りさせたりしませんよ

などと町内をわめきながら歩き散らす「どうした?! おフネさん?!」シリーズなんてつくってみてはいかがでしょう。
もちろん、言われた皆はやっぱり「ちょっと困った顔」をしながらも「ああ、まただよ、磯野さんちの大奥さん」と諦めも混じった表情で聞いているのですね。
その際には、おフネさんの髪の毛をちょっとボサボサにして鬼気迫る感じにしちゃえば、よりリアル。