ページ/2ページ |次のページ最終ページ

劇団桟敷童子「しゃんしゃん影法師」(中野光座)

昨日までシトシト、ザアザア降り続いていた雨も上がって絶好のお出かけ日和。
気温も温かくなって、すっかり春めいた気持ちのよさです。
こんな日のことを小春日和というのでしょう。
......とまあ、そんな知ったかぶりはどうでもいいとして(なら書くなよ)、こんな気持ちのいい日に、中野までお出かけしてきました。
すっかり前回公演でその独特の世界観と、ラストの大仕掛けで見せるカタルシス、そして劇団員全員による手作り感覚がお気に入りになってしまった、劇団桟敷童子の新作「しゃんしゃん影法師」の舞台を観に行ったのです。
劇団桟敷童子「しゃんしゃん影法師」

この劇団、いつも普通の劇場ではやりません。
前回公演では倉庫でしたし、今回は廃映画館です。
この「廃映画館」が曲者でした。
駅から歩いてすぐのはずなのに、どこにあるのかサッパリ判りません。
ウロウロすること約5分、家にいる相方に電話でSOS、Webサイトの地図を見てもらって誘導してもらいました。
どうも気がつかず行き過ぎていたようです。
引き返して......「ああ、ここか!」
これがきっと日中だったら、この独特の雰囲気が異彩を放っていて気がついたと思うのですが、すっかり暗くなってしまった夜にウロウロしていると、まず見落としてしまうに違いありません。
しかし一歩入ってしまうと、この独特の雰囲気がまたいいんです。
入り口がこんな感じで判りづらかった「中野光座」

客席数は80席ほど。昔の映画館らしい椅子が郷愁をそそります。
ステージには、やはり木材をふんだんに使用した手作りのセット。
木材をふんだんに使用していると判るのは、館内中に木のいいにおいがプンプンしていたからです。
もうホームセンターもかくや、と思われるほどのいいにおいっぷりでした。
肝心の物語ですが、いいです。これは非常にいい!
時代は昭和30年代、閉鎖されたムラの風習とそれに囚われた人々の悲哀や滑稽さを、「神隠し」をテーマとしながら描き出されています。
うーん、一言で言ってしまうと非常に泥くさそうで、面白みが感じられなさそうですが、いえいえ、いえいえ、そんなことありません。
独特の世界観と様式美をステージ上に取り入れた演出は、逸品ものです。
それは、何と言ってもラストに現れます。
ステージ全面を目一杯使ったラストの大仕掛けには、やはり圧倒されてしまいました。
そして、その大仕掛けをバックに見得を切る主役の板垣桃子。
今回は、あまり彼女の女優魂を見せることなかった演出でしたが、ラストのこの見得には思わずゾクゾクとサブイボが立ってしまいました。
もちろん、顔は涙と鼻水の大洪水状態。
ああ、やばい。思い出しただけでまた、何か汁物が目と鼻から出そうになってしまいました。
公演が終わってロビーに出てみると、あうあう、役者全員が揃って並んでいて、観客が出てくるたびに「ありがとうございました」。
ああ、久しくこんな丁寧なお見送りをされたことはありませんね。
やっぱりいいですわ、ここは。
今、一番気になる劇団になった今日でした。

と言っても、次回公演は7月と言うことで、エラク待たされてしまいますが。
(しかも、ザ・スズナリということで、初の劇場公演だそうです。ちょっと複雑な心境)

自宅近くまで戻ってくると、いつものニャンコが遊んでいってよ、とニャーニャーニャー。
うーん、仕方がないなあ。ちょっとだけだよ......と喉元をゴロゴロさすってやると、やっぱりぼくのフィンガーテクニックには適わないのか、とっても気持ちよさそうにトロンとした目つきになってしまって、フニャア。
「じゃあ、もう帰らなくっちゃ。またね」と立ち上がろうとすると、「待って......もっとやって」と催促のお手なんてしちゃうのです。
ニャンコがお手なんてしている......
コヤツ、本当に野良なんでしょうか。

おバカ内容充実のキャットファイト

雨の中を靴をビシャビシャに濡らしながら、夜、キャットファイトなんて観に行ってきましたよ。
CPEキャットファイト
席に着いてみてあらビックリ。
リングのすぐ脇なんですよ。
通常はリングの周りが通路になっていて、場外乱闘とか行ったりするのですが、それがない。
通路がなくリングの真下に座席が用意されているのですね。
気分はまさにセコンドか、あるいはスポーツ紙のカメラマン。
「これでもか」というぐらい、アホほど写真をバッシャバシャ撮りまくりましたとも。
が、しかし......すみません。
この日記で掲載できそうな写真はありませんでした。
とりあえず、"グラビアアイドル"森崎愛の試合後のインタビュー写真でお茶を濁しておきます。
しかし、さすが"グラビアアイドル"(←なぜにカッコ付き?)ですねー。
こちらがカメラを向けているのを察知すると、すぐに目線をくれちゃうのです。
撮られ慣れたその態度に、逆にこちらがドキドキしてしまいまして、どうしてもうまく撮ることができませんでした。
ヘタレ根性丸出しです。

......と思って、31日はずっとその写真を掲載していたのですが、ウチの相方より「何じゃ、この上半身が裸みたいなこの写真は?!」とのお問い合わせが。
いや......それは裸なのじゃなくて、たまたまリングロープで胸元が遮られていただけなんですが......。
いやいや、それでなくてもここ最近は"ぼくのオゲレツな読書してない日記"にタイトルが成り下がってしまって、PTA推薦サイト枠から外されそうなこの時節(って、そんな推薦はどこからもされてませんが)、誤解を招きそうな写真は外しておきましょう。
ええ、ええ、ヘタレとでも意気地なしとでも、なんとでも言っておくれ。

そんな訳で差し替えたこの写真は、ぼくが大好きなヨーコ虎玉(手前、顔が見えない方)と、鳳華(向こう側)による3分3ラウンド、CPEルール(股開き3カウントフォール制......)の勝負です。
予想外の白熱した試合ぶりに実況者も驚いていたヨーコ虎玉 VS 鳳華の試合
ルールこそは超おバカなんですが、両選手ともかなり気合の入ったとても白熱した試合展開となり、なかなかよかったですよ、いやマジで。
キャットファイトらしからぬ、キャットファイトでした。

喜国雅彦『本棚探偵の回想』出版記念トークショウ&サイン会

月曜日なんですよ。
ええ、ええ、誰が何と言おうと、今日は全国的に月曜日なんですとも。
金曜日に無理矢理仕事モードで頑張った反動からか、今日も引き続き「あんなこと」も「こんなこと」もやらなきゃいけないのに、スロットルが開きません。
随分と空回り……するほどもスロットルを開いてもいません。

いけません、それはまったくもっていけません。

そんな訳で、ダメなときは何をやってもダメ、と自分自身の才能にサッサと見切りをつけ、神保町にレッツラゴー。
18時30分から三省堂神田本店で開催される「喜国雅彦&日下三蔵トークショウ&サイン会」に行って来ました。
……なんて書き方すると、まるで「喜国雅彦」「日下三蔵トークショウ」「サイン会」の組み合わせみたいですが、そうじゃなくって「喜国雅彦と日下三蔵」のトークショウと、「喜国雅彦サイン会」なのでした(←判りますって)。
喜国雅彦&日下三蔵トークショー&サイン会

店に到着したのが開場時間である18時ちょっと過ぎ。
店内のインフォメーションで会場を確認すると、「そこのエレベーターで8階に上がってください」と案内されました。確かにされました。絶対にされました。
そんな訳で、すっかり上機嫌になって鼻歌交じりでエレベーターに乗り込み、8階に到着してみると「……あれ?」。
何やらバックヤードのようなところに出てきたではありませんか。
果たしてこんなところでトークショーが???
「保管書類」とのラベルが貼られたダンボールが廊下にうずたかく詰まれているし、おまけに蛍光灯の明かりが薄暗いのです。
とても、今から「作家先生によるトークショウが行われますよー」という華やかな雰囲気は皆目ナッシングなのです。

それでも仕方ありません。エレベーターは「おれ、知らないよ」と言わんばかりにものすごい勢いで下がって行ってしまったし、戻るに戻れなくなってしまいました。
典型的な「嵐の山荘パターン」なんですね(←全然違う)。
薄暗い廊下をとにかく進んでみることにしました。
すると「社員食堂」や「女子更衣室」「男子更衣室」などと、一介の客にはまったく関係ないスタッフ専用ルームが次々と現れ、まさに更衣室荒らしか下着ドロか、といった胡散臭い変態野郎丸出しなんです。
そのうちに、「ちょっとお客さん! 何してるんですか! ここは関係者以外立ち入り禁止ですよっ!」なんて怒られ、事務室に引き釣り込まれたらどうしよう……と思っただけで、もはやシクシク半泣き状態。
ややもすると引き返したくなる衝動を押さえながらガマンして廊下を進んでいくと……やったぜ、ベイベー。
いかにも“会議室”といった風情の大部屋に、パイプ椅子が並べられており、隠れるように受付スペースがありました(もっと堂々と出してくれないと、ちょっと悩んでしまいました)。
どうやらここが目的地のようです。やったよ、お父さん、お母さん、妹よ!

前の方に陣取ると、オマケで配布された“特製小冊子”に“日下家のスゴイ蔵書の模様”を眺めて過ごすうちにあっという間にトークショウがスタート!
今日は出版関係者に混じり、綾辻行人、麻耶雄嵩、津原泰水、貫井徳郎と言った面々が列席されていました。ミーハーなぼくにはそれだけで「うへえ」。
関西ミステリ連合の総会の雰囲気を久々に味わった気がしました。

お話の内容ですが、やはり出版物のテーマに即して「古本モノによる古本モノのためのフルホンモノの話」。
しかし考えてみたら、ここは新刊本屋なのに古本の話で盛り上がると言うのも、ある意味スゴイ。
日下さんの持っている隠し球企画は、“本当の隠し球”までは聞くことができず、ううん、残念。

トークショウは1時間ほどでつつがなく終了、いよいよサイン会です。
笑顔でサインをしてくれる喜国雅彦
ステキな笑顔でサインをしていただきました。
考えてみれば、笑顔で写真を撮れたのは今回が始めてかもしれません。
おお、この字体は……! まさにキクニワールド全開……!
しかもサインの文字は、いつもマンガで見かけるあの字体です。
「楳図かずおの毛虫のような“キャー”の文字」と並んでよく見かける、あの江戸川乱歩ばりにおどろおどろしいキクニワールドが、まさにこのサインからだけでも匂いたってくるようです……どろどろ。

ガラガラの後楽園ホールでヤバイぜ、JDスター

さすがに3連日で富士山は見えませんでしたが、今日もまたいい天気だ、このヤロー。
こんなに天気がいいと、身体の奥底に眠る闘争本能が眼を覚まし、「戦いてぇ」「暴れてぇ」と叫んでなりません。
そんな訳で行ってきましたよ、後楽園ホール。
いや、ぼく自身が何かをするわけじゃないです……。観に行ってきただけなんですが、JDスター・プロデュース興業「格闘美」。
JDスター・プロデュース「格闘美19」

いつもは新木場にある、いかにも「巡業で使ってます」と言わんばかりの小さな狭い会場でしか行われない興業試合なのですが、今日は久々の大舞台なんですよ。
さぞかし、選手も張り切っているのでしょうねえ……と行ってみると、おお。
ガラガラなんですよ、ガラガラ。空席の目立つこと目立つこと。
選手もマイクパフォーマンスで、「今日はちょっとお客さんも少ないけど」と本音もチラッと出てしまうほどの空席率。
お客さんの立場としては関係ないのですが、それでもやっぱり「いいのかなあ」「大丈夫かなあ」と心配してしまいます。
GAEA JAPANが解散を控えた今、各団体はそちらのお客を取り込めるよう頑張るべき時期だと思うのですね。
なのに、この空席率。
本当に大丈夫なのでしょうか、JDスター!

試合の方は……うーん。
今回のこの対戦カードは、こんな大舞台でやるはずのものなのでしょうか。
これだったらいつもの新木場のホールの対戦カードと、差して変わりないと思うのですね。
ああ、それでお客さんも魅力を感じずに、あまり呼び込むこともできなかったのかもしれません。
初めてこのJDスターを観に来た頃の、内部的なゴタゴタはかなり落ち着いてきたようですが、まだまだ課題は多いようです。
藪下めぐみ(上)のフォールをブリッジでエスケープする桜花由美(下)

映画「ワイルド・フラワーズ」の特典映像でマヌケ面を晒す

カッコ悪いからやめなさいなどと、ビートきよし並みのダサダサなダメ出しを相方から食らっちゃったのですが、それでもやっぱり書いちゃうのです。

ワイルド・フラワーズ いえね、先週のうちにamazonに注文を出していたDVD「ワイルド・フラワーズ」が、週末までにちゃんと届いていたのですよ。
で、連休中にジックリユックリ観ようと楽しみに取っておいたのですが、どうもそれどころではなく、結局観られずじまいのまま、週を持ち越してしまいました。

いや、まあそれは「楽しみが先に伸びた」ということでいいのですが、それでもやっぱり気になっちゃいますので、先に特典映像だけ観てしまいました。
いやいやいやいや、現役選手でありながら準主役の石川美津穂、彼女がまたカッコいいんです。
もう特典映像の予告篇を観ただけでメロメロになってしまっているのでした。

さらに特典映像は、石川美津穂や東城えみ、桜花由美と言った「アストレス2期生」のデビュー当時から、ここ最近に至るまでの変遷も収録されているのです。
いやあ、やっぱり石川美津穂は最初から強かった。
何しろ動きとキレが違います。
対する桜花由美と東城えみは……きゃー、恥ずかしい……。
デビュー戦での動きのなんと稚拙なこと。
まるで女闘美Xのアイドル対戦なんです。
(この当時のアストレスのコンセプトは「アクションもできるタレント」でしたから、決して“女闘美Xのアイドル対戦”という例えもあながち間違いではないのかもしれません)
うーん、彼女たちもまだまだ弱いけど、そこそこ動けるようになった今、よくぞ成長したものだ……などと一人、悦に浸っていると、いきなり「ああーっ、これ、おれやんけっ!」とお茶をブーッ!

第二頚椎を骨折して、半年もの間、戦線離脱をしていた東城えみの復帰戦が収められているのですが、これには、ぼくもたまたま観に行っていたのでした。
そして試合の途中で場外乱闘が始まってしまい、見る見るうちにぼくの座席は蹴散らかされ、イスがどこかに行ってしまったのです。
この特典映像では、その場外乱闘戦で「ボクの席がなくなっちゃったよぅ。どうしよう」と不安げにオドオドしている不審者がそこに映っているのですよ。
ヲタクなかほりがプンプンいたす御仁が一人、カメラを抱えてボーっと突っ立っています

そっかー。ぼくはいつもこんなマヌケ面で試合を観てたのね。
いけません、いけません。かなりのマヌケ面です。
アホですな、アホ。もしくはスケベ丸出しのハレンチなヲタク野郎。
とにかくカッコ悪すぎます。

そんな訳で深く決心しました。
これから、プロレスの試合を観に行くときには、シャキッと気持ちを引き締めてクール&シリアス、そしてジニアスな顔で観ていることにいたします。
例えて言うなら、芥川龍之介か太宰治か、はたまた中原中也といったその方向で。
決して梶井基次郎や正岡子規とか、ああいった方向に進んではいけません。
(←偉大なるブンガクの先達に、かなり失礼なことを書いてお茶を濁している……)

ページ/2ページ |次のページ最終ページ