JDスターの新機軸、ちょっとルールを変更しただけ?

いやあ、今週のカレンダーはとってもス・テ・キです。
2日会社に行って、1日休んで、また1日会社に行くと、もう土日。
週休4日かぁ、いいなあ、いいなあ。こんな会社、どこかにないかなぁ。
それでいて年収は1000万はくれるのです。1000万ですよ、1000万。
ウォンではありません。ましてはリラやバーツ、元でもありません。円ですよ、円。YEN。いや、くれると言うなら、アメリカドルでもいいんですけど。
そんな訳で、週休4日、残業なし、年収1000万YEN(アメリカドルでも可)保証をするという会社を経営する社長さん、人事部長さん、ぼくをぜひとも雇ってください。

そんなアホなことばかり考えているからか、すっかりウッカリしていました。
今日は新木場でまたしてもエヘラエヘラのプロレスを観に行く日だったのですが、てっきり開催時間は夜だと思い込んでいたのです。
ところが、ノンビリ昼頃起きだして、念のためにチケットを見てビックリ。

「昼2時からの開催だった!」

もう会社に遅刻しそうなサラリーマン並みに猛ダッシュで着替えてご飯を食べて歯を磨いて顔を洗って家を飛び出しましたよ。
その頑張った甲斐あって、余裕でセーフ。
りんかい線がJRと接続してくれたおかげで、横浜から新木場までメチャクチャ近くなりました。

観に行ったのは、JDスターが新たなコンセプトでスタートさせた「EXPERT」。
そうですよ、女子プロレスですよ、女子プロレス。悪いデスカ?(←ほとんど開きなおり)。
しかしこの「EXPERT」とやら、何やら新しいコンセプトのもとで今回からシリーズを始めていくらしいのですが……いつもと違いがワカラン。
確かに新しいロープブレークのルールは用意されていたけれど……うーん、アレがどれだけ試合に緊迫感をもたらしていたかというと、ちょっと疑問形なんです。
でも選手自身が「新しいシリーズの始まりなんだ」という気合を持って出場していたからか、だらけた展開の試合もなく、全体的に面白かったです。
ちなみに、こちらはメインイベントとなった藪下めぐみとAKINOのタッグマッチの模様。
フルタイムドローだった前回の遺恨をお互い晴らすべくぶつかり合った藪下めぐみとAKINO

そっかー! 閃いたぞ!
藪下めぐみのような、総合格闘技を得意とする選手が出場するのであれば、プロレスルールに総合格闘技ルールをミックスさせた新しいスタイルの試合をすればいいじゃないですか!
だったらSMACK GIRLに出ているような女子総合格闘技選手も多数出て、結構面白いものが見られるんじゃないかなと思うのですが。
(次回の公演には、羽柴まゆみも出るらしいし、なおさら総合格闘技に近づいていってもおかしくはないと思うのです)

問題は、果たして総合格闘技の選手が、プロレスのリングなんてあがってくれるのでしょうか。
あと、総合格闘技とプロレスのどちらの選手にも、一方的に有利になったり不利になったりしないルールって、結構難しそう。
でも、「新機軸」と言うからには、それぐらい大きなことをやって欲しいとは思うのです。
JDスター「EXPERT ~秋分~

自宅への帰り道、いつもの駐車場脇を通りかかると、お久しぶり!
黒ネコのクロが、「お帰り」と出迎えてくれました。
ちゅうか、この表情、この態度。きっと単なるお出迎えではないのでしょう。
時刻はもう夕方、ひょっとしてお腹が空いてる?
ひょっとして、いつもエサをくれるヒトと間違えてない?
ゴメンネ~、オレ、キャットフードなんて持ってないんだよ。ホントにゴメン。
お詫びに頭をナデナデだけしてあげよう……としゃがみこむと、「フン、こいつキャットフードの一片も持ってないのかよ」と、プイッとどこかに行ってしまいました。
いつもキャットフードを持っているヒトに、ちょっぴりジェラシーを感じてしまったセンチメンタルな秋の夕暮れでした。ゴロニャ~ゴ。
ねえねえ、キャットフード持ってない? ドッグフードじゃイヤン