天野月子「アコースティックライヴ」(ヤマギワソフト イベント会場)

夢うつつで目覚ましを止めた記憶がフト甦り、布団から飛び起きると、オオゥマイガアァァァッ!
何と無常にも時計の針は午後2時を指しているじゃないですか。
遅刻だ遅刻だ大遅刻だ。
どうしよう、今更「頭が痛くて、今日は休みます」なんて連絡を入れても寝坊したってモロバレやん。
かと言って、今更「寝坊しました」って会社に行くのもカッコ悪いよなあ……。
などとカッターシャツを中途半端に着て、スーツのズボンを穿きながらアレコレと姑息な言い訳を考えるオレ。

そのうちに「アレ?」。
ひょっとして今日、日曜日……?
会社はお休み……?
よかったーと、ヘナヘナ布団の上に崩れるオレ。

何だか1年に1回は、こんな寝ぼけまなこSHOWを演じているような気がします。
こんなSHOW、心臓によくないからもういい加減に演じるのはやめたいです。

そんな訳で心行くまで二度寝をして、夜は秋葉原へレッツラゴー。
火事で燃えてしまった「ヤマギワソフト館」のリニューアル記念として、天野月子アコースティックライヴが行われるのですよ、ウシシシシシ。
7月に発売されたばかりのシングルをこのお店で購入すると、先着200名に入場整理券が配られたのですね。
でなんとその整理番号が「6番」。
ヒエー、1ケタなんて初めてだ。

そんな訳で、まだ新築のにおいがする店内を、店員に誘導されてイベント会場に6番目に入ったら「おおう」……最前列真ん中。
しかもイベント会場といっても、所詮はお店のスペース、会社内にあるようなちょっと大きめの「会議場」みたいな雰囲気なので、ステージがもう目の前なんですよ。
もうそれだけでドキドキもんです。

やがて19時、ピアノとギターの3人組で登場した天野月子、目の前に着席しました。
ホンゲー、もう手を伸ばせば触れるほどすぐ目の前にいるんですよ。
ああ、ヤバイです、ヤバイ、激ヤバ。
自己の理性を抑えるのに必至のオレ。
まるで状況としては、身動きできない満員電車内でちょうど手の位置に隣の女子高生のお尻が来てしまったような感じ。
ちょっとでも身動きしてしまうと、自己の破滅を意味するほど危険水位警報発令中なんです。

……って、何をワケのワカランことを言ってるんだ、オレ。
とにもかくにも、1時間半のステージで全8曲。
あっという間のワンナイトでした。
アンコールの拍手に再び彼女一人でステージに現れたものの、「ゴメンね、お店がもう閉まっちゃうんだって」とのことで、終わってしまいました。

何だか「天野月子アコースティックライブ」などというありきたりなライブ名よりも、「ヤマギワファイト!」のフレーズの方が妙に印象に残ってしまっていた今日のステージでした。
やたらと「ヤマギワ ファイト」のフレーズの方が印象的だった「天野月子アコースティックライヴ」

【本日のセットリスト】
01. スナイパー
02. 青紫
03. 轍
04. 時計台の鐘
05. ライオン
06. 骨
07. 月
08. カメリア