そんなこんなで豪雨の中、横浜目指して帰ってきました

ありゃ、もう7月も終わりなのかー。
旅行に出てしまうと、カレンダーのことなんてすっかり忘れてしまって、今日が何曜日なのかも判らなくなってしまう始末なんです。
そんな訳で、何の予定も入れていなかった今日は、伊丹空港の滑走路脇にクルマを停めて、日がな1日ボーッとしているだけでした。
一体今日1日で、ぼくの頭の上を何機の飛行機が飛び交って、何人の乗客がぼくの頭上を掠めていったのでしょう。
台風の強い風の影響で、気体が斜めに傾いでいるジャンボ機

そうそう、その前にはスーパーにも行ったのでしたっけ。
今日の深夜に横浜目指して帰るので、道中の友となる眠気覚ましガムやおやつなどを買い込んできたのでした。
駐車場にクルマを停めると、その横には、運転席で奥さんと子供の帰りをクルマの中で待っているパパの姿がありました。
きっと夏休みで運転手として借り出されたのでしょう。
運転席で、奥さんと子供の帰りを待っている運転手のパパ

しかしこのパパさん、運転するにはちょっと前方が見えにくそうなのですが、大丈夫なのでしょうか……うん、大丈夫なのでしょう。

そんな訳で夜中の11時、3日間のセンチメンタルジャーニーも終わり、横浜目指して帰路についたのでした。
いや、もう途中では台風の影響なのか、雨、雨、雨、大雨。
ワイパーを最速に動かしても、前がまったく見えないほどの大雨が降ったりしたのです。
ほとんど目をつぶった状態での運転でした。あははは。なかなかのスリルとサスペンスです。
センチメンタルジャーニーを締めくくるには、なかなか小洒落た演出だったのですが、朝の5時には無事、自宅に到着したのでした。
うう眠い……ということで、もう寝ます。オヤスミナサイ。
あれ? 自宅にいるときと寝る時間に変わりはないのか。