大沢在昌・宮部みゆき合同サイン会(八重洲ブックセンター)

大沢在昌が「パンドラ・アイランド」(徳間書店)、宮部みゆきが「ICO」(講談社)を新刊発売した記念ということで、八重洲ブックセンターでお2人の合同サイン会がありました。

念のために開始時間より早めに行ったつもりだったのですが……ゲロゲロ。
店内にはもう既に長蛇の列が出来上がっているんです。
サイン会会場は1階なのに、フロアを半周して地下1階に下りて、さらにフロアをグルリと1周する勢い。
整理券の配布枚数はそれぞれ150枚のはずなのに、何だかもっと並んでいるような気がしてなりません。
並んでいるメンツは皆、手にもっているのは宮部みゆき。あるいは宮部みゆきと大沢在昌。
大沢在昌を単独で持っているハードボイルドな方はいませんでした。
(ぼくの目の届く範囲では)
やっぱり読者層の厚みが違うようなのですね。

この長蛇の列に黙って並ぶこと小1時間、目には見えない速度でジリジリ牛歩戦術並みに進み、ようやく順番が回ってきました。
相変わらずイタイ野郎ぶりを発揮し、為書に「書庫の部屋 中橋一弥」と書いてもらおうとすると、書店側スタッフが申し訳なさそうに、「あのう……他の皆さんもいらっしゃいますので、お名前だけでよろしいですか?」。
ええ、ええ、もちろんそれは重々承知しておりますとも。
名前だけでも書いてもらえればとってもありがたいです、それでひとつよろしくお願いしますです……などとやり取りしていると(←大ゲサ度170%増し)、それを聞きつけた大沢在昌が豪快に、

「ホームページの名前? いいじゃないですか。書きましょう、書きましょう、全部書きましょう」

あーん、カッコよすぎます。
しかもその声といい、話し方といい、上司とそっくりなんですよ。
一瞬上司がぼくのために行ってくれているのかと勘違いしちゃうほどのそっくり感。
会社を抜け出してサイン会に小1時間も並んでいることがバレたのかと変な汗をかいてしまいました。
開けた胸元がセクシーな大沢在昌。上司と声や話し方がそっくりでした

ハードボイルドチックに、豪快に、サインを書いていただき、「ありがとうございました」と握手。
やっぱり大沢在昌の手も柔らかくて暖かくてやさしい手をしていました。
(ちょっと変態チック?)
力強くハードボイルドに大沢在昌サイン。やっぱり「書庫の部屋」は痛すぎたか

そして、その隣にはおおう、キュートな宮部みゆきがいる~っ!
宮部さんってば、為書用の名前をみて

「あら、中 一弥さんと一字違いなんですね」

そうなんですよ、逢坂剛のお父さんで挿絵画家の「中一弥」とぼく「中橋一弥」は一字違いながらも、“ほぼ”同姓同名なんですね。
でも、これまでそんな指摘をされたことは一度もなかったので、ちょっと嬉しくなってしまいました。

「2~3回、挿絵を書いてもらったんですよ」

って、それは知りませんでした。大変失礼をいたしました。
つむじまでキュートな宮部みゆき。著者近影などで見かけるあのまんまでした

そんなお話をしてもらいながらもマーカーペンで一字一字を丁寧に書いていただきました。
うーん、サインまでキュートなんです。
“キュキュキュ”と言う感じたまらん宮部みゆきサイン。こちらでも「書庫の部屋」は痛すぎたか

サイン済みの2冊の本を抱えながら会場を抜け出したところで、……なんか忘れているような……。
ああっ! 宮部みゆきに握手してもらうの、すっかり忘れてたっ!
でも女性の方にこちらから握手をお願いしたら、セクハラになるのかもしれません。
じゃあ、握手のおねだりなんかしなくてよかったやん(←負け惜しみ)。