夏が来る前に

先週の暑さでとうとう根をあげてしまい、エアコンを買っちゃいました。
「業務用大好き」なぼくとしては、三菱重工かダイキンか、というところで考えていたのですが、やっぱり販売量からの「慣れ」と、取り扱い店が多いところから、今回はダイキンにしました。
そして、今日はその取り付けだったのです。

そもそもエアコンなんて、メーカー品だからどこで買っても同じだと思うのですね。
だから量販店よりも、ネット上のショップが安いことは安いのでお買い得かもしれません。
もしこれがテレビとか、ビデオデッキとか、ステレオといった「使うだけ」の商品だったら、高かろうが安かろうが、同じ商品なんだから「いい」も「悪い」もないはずなんですよね。
だからぼくの場合、これまでデジカメやホームシアター、DVDプレーヤーなんかは、楽天ショップとかYahooショップとかで、安くで販売している業者を探して購入していたのです。

しかし、エアコンは別だと思うのですね。
確かにエアコンそのものは、メーカーが責任を持ってつくっていると思うので、どれも同じだと思うのですが、購入してからさらに「取り付け工事」が必要になってくるのですね。
これが結構、うさんくさいものが多いように思えてならないのです。
やはり長年使うものだから、キッチリ取付工事をしてくれて、しかも見た目も美しい仕上がりにしてくれるところであれば、少々工事費が高くついてもお願いしたいものです。
そんな訳で、今回はそんなこだわりから、得体の知れないネットショップでもなく、「工事費無料」のアヤシイコピーが踊る量販店でもなく、メーカー特約店にお願いしました。

すると、やはりそれが大正解だったようです。
まずエアコンの本体価格が、量販店よりも安かったんです。
もうこれだけで大満足。
また来てくれた業者の担当者も、"「特約店」はメーカーの看板を背負っている"ということを自覚していてアドバイスも親切、工事は丁寧、仕上げは美しく、ともう全てにおいてベリィベリィグッドなんです。
また、エアコン本体と室外機を結ぶ配管内にフロンガスを満たすエアパージも、ちゃんと真空ポンプを使って行っていました。
エアパージのための空気を抜いているところ。真空ポンプが大活躍

訊いてみると、やはり「工事費無料」というところはその分、どこかで費用を安く削っているのでしょうとのことでした。
そう言われて見てみれば......なるほど。
例えば、室外機の設置で脚を固定するのに、弁当箱を引っくり返したような台の上で適当にネジ止めしたものや、ひどいところになるとブロックの上に「置いただけ」というものまでありますね。
こんな「置いただけ」って地震でも来たらどうなるのでしょうか。

いやあ、特約店で購入するという手はまったく知らなかったのですが、これはなかなか使えますねー。
そもそも、通常はこの特約店も、「建築中のビルやマンション」の仕事が多いそうで、こうしたエンドユーザーの家に工事に伺うのは、まだまだ珍しいのだとか。
そんなところも「業務用」っぽくて、ステキなんです。

今日はカラッと晴れ渡って、エアコンなんていらない気候だったのでちょっと試運転は「寒っ......」とぶるぶる。
早く本格的に夏に来てもらって、エアコンをガンガン使っていきたいものです。