歌舞伎揚げにマンガ盛りのご飯

夕方になると、メチャクチャ腹が減るのです。
書類を作成していても、メールを打っていても「腹減ったなあ……」。くそー、集中力が出ません。
仕方ないので会社を抜け出し、コンビニで歌舞伎揚げをゲット。
ぽりぽり、ぽりぽりとつまんでいたのでした。

すると……「おお、これは……!」と歌舞伎揚げについての大発見までしてしまったのです。
なんと、歌舞伎揚げには2種類あるのですよ!
左:□い歌舞伎揚げ  右:○い歌舞伎揚げ

いやはや、歌舞伎揚げなんてすっかり ○ ←こんな形だと思い込んでいたのですが、 □ ←こんな形のやつもあるのですね。
そういえば、確かに前にも □ ←こんな形の歌舞伎揚げを食べたことありましたっけ。
でもそのときは「あれ? これってニセモノ?」程度にしか思わず、深く2種類の歌舞伎揚げの存在なんて、気にもしていませんでした。
ちゅうか、コアラのマーチの鼻が黒いコアラほどのプレミアがついているわけでもなく、そんな気にするほどのものでもないし。
そんな訳で、気にせずぽりぽり、ぽりぽりと食い続けておりますと、およそ15分で一袋を制覇、完食なんてしてしまいました。
おかげでおなかはぶよんぶよん。
こんなことばっかりしているから、太ってくるのですよ。

夕方に歌舞伎揚げを完食したところで、所詮お菓子はお菓子なんです。
終電近くの電車に乗って家に帰ってくる頃には、やっぱり腹が減ってしまって、ああ、いけませんいけません。
しかしそんな夜中にやっているレストランはファミレス程度しかなく、ファミレスなんて若いアンチャンたちの溜まり場になっているので、きっとぼくのような人間が行けば、一瞬のうちにオヤジ狩りされてしまうでしょう。
うう……ぶるぶる、とんでもございません。

そんな訳で、やっぱり言ってしまったのは横浜中央市場内にある「市場食堂」。
24時間営業なのが嬉しいですね。
しかし、店内に一歩入るとやはり圧倒されるのはそのメニューの量。
ここでたっぷり5分は悩んでしまいました。
ものごっついメニュー数に、いつも圧倒されてしまいます

無難に「マーボー豆腐」なんて注文をしたのですが、しかし無難でなかったのがご飯。
ついつい、“ご飯はサービス”の言葉に釣られて大盛りなんて頼んでしまったのですが……。
忘れていました、この量……。
ただの「大盛り」のはずなのに、味噌汁がご飯に隠れてしまっています

あまりの大盛りぶりに、味噌汁が隠れてしまっているのです。
もはや「オバQ」か「ハクション大魔王」か、70年代のテレビアニメでしか観ることができないこのご飯の盛り、見た目どおり量が半端じゃありません。
食べても食べてもなくならないんです……。
あまりのご飯の量に、先におかずを食べ終えてしまう始末、コショウなんてご飯にパラパラ掛けて食っていましたとも。
いやいや、結構コショウ掛けご飯って美味しいんですけどね。
(ただし粗挽きコショウに限りますが)