初の女子プロレス、最前列かぶりつき、場外乱闘巻き込まれ付き

いやー、昨日の夜はテレビで観ましたよ、「K-1 ROMANEX」。
世間的にはボブ・サップが負けたことが話題になっているようですが、中邑ですよ、中邑。
イグナショフの膝蹴りをかわし、グラウンドで攻める作戦が見事に吉と出ました。やったね!
ジョシュ・バーネットも、ロープ際においての見事な打撃を見せてくれました。
もうこの2戦だけで大満足です。げっぷしておならまで出ちゃうほど、満腹な試合でした。

そんな興奮がまだ覚めやらぬまま、今日は今日で女子プロの初観戦に行ってきたのです。
女子プロと言ってもゴルフではなく、ましてや女子プロパンでも女子プロテインでもありません(ちゅうか、女子プロパンとか女子プロテインって……何だ?)。
女子プロレスなんですよ、女子プロ。
今年のぼくの目標、「とにかく色々と観に行こう」を有言実行中。
とは言うものの、何を観に行けばよいのやら……ということで、その時点で一番近い公演だった「JDスター女子プロレス」に行ってきました。
「どうせだったら」と最前列なんて取ってしまったものの、所属選手のこととか、これまでの興業結果のこととか、そもそも誰が花形選手なのか、とかそんなことは全く知らないまま、格闘技の殿堂、あの後楽園ホールに行って来ました。

が、中に入ってビックリ。格闘技系の重要な試合では、必ずと言っていいほど後楽園ホールが使われるから、かなりデカイところを想像していたら……狭っ!
ちょっと大きめのライブハウスと言ったところでしょうか。
この大きさで最前列なんて、もうリングかぶりつきです。足元には場外用のマットなんて敷いてあって、ワクワク。
すると、やっぱりありましたよ、場外乱闘が。あははは。
ぼくの席がもうメチャクチャです。あははは。
ちなみにこの写真は、ぼくの席の目前での場外乱闘です。
場外乱闘で、トップロープから翔ぶ東城えみ
目の前に、リングからポロリと選手が落ちてきた瞬間(なんだか“ポロリ”というと、選手のコスチュームから乳がポロリと出たみたい……もちろん、そんなことありません)、セコンド陣に「危ないですから、どいてください」と言われ、そそくさと逃げ出した場所から撮りました。
戻ってきたら、席がなくなっていた人もいました。あははは。

個人的には、変則ルールで行われた「石川美津穂 VS 羽柴まゆみ」戦がカッコよくてステキでした。
何でも、テレビ番組の「黄金筋肉」で対戦した2人だったそうですが、このときに負けた総合格闘技のアイドル・羽柴が再戦を申し込んだ遺恨試合だったそうです。
だからでしょうか、なんだか両者とも気合いが違っていました。
そもそも羽柴側なんて、セコンドが5人ぐらい付いていたし。
それでも最後は、またしても石川美津穂が勝ち、マイクパフォーマンスにも笑顔が映えていました。
うーん、ス・テ・キ(はぁと)。
実は今日のナンバーワン写真。石川美津穂の笑顔のマイクパフォーマンス

どうも、この「JDスター女子プロレス」改め「JDスター」は、今内部がかなりガタガタの状態だそうで、とんでもないときに来てしまったようなのですが、選手や試合はなかなか魅力的でした。
また機会があれば来てみたいものです……というのか、次回以降もこのような魅力的な選手が出るカードが組めるのかどうか、不安なんですが。
「JDスター女子プロレス」だったのが、いつの間にやら「JDスター」