毛皮族「DEEPキリスト狂」(下北沢駅前劇場)

毛皮族「deepキリスト狂」

今日は、かねてからウワサばかりを聞かされていて、その存在が非常に気になって仕方がなかった毛皮族を観に、下北沢駅前劇場までレッツラゴー、行ってきました。
下北沢駅前劇場と言えばあんなに小さな劇場なのに、ぼくの座席は指定席「X」。
「X」って、ABC......と順に数えていっても24列目でしょう?
いったいどんな席なんだと疑問に思いながら入場してみると......キャー、最前列!
ステージかぶりつきなんです。その距離、0cm!
しかもステージの高さは客席とほぼ同じなので、本当に舞台がすぐ目の前。
そんな訳で、開演前からもうドキドキものだったのです。

やがて19時ちょっと前、いきなりステージが始まりました。「開演時間3分前開演」らしいです。
とは言うものの舞台本番ではなく、客のテンションを上げるためだけの主宰江本純子によるイベントのような......もの? 主宰者自身による前座のようなものですね。
ただ、ちょっと観客が乗り切れていないところにハラハラ感が漂っていました。

20分近くに渡る客乗せショー(?)が終わり、いよいよ本篇となる「DEEPキリスト狂」がスタート。
物語は、イエス・キリストと双子で産まれながら、放蕩者となったマイケル・ジャクソン似の「ノー・キリスト」の物語。
とは言うものの、ストーリーはあってないようなもの。
ただ、ただ、江本純子と愉快な仲間たちが繰り広げる歌謡ショーのようなノリなんですね。
しかも、江本純子を含む女優たちは皆、ニップレスを付けているとはいえ、胸を露出させたり、パンティー丸出し(パンチラどころの騒ぎではありません)でラインダンスを踊ったりと、もうステージと同じ目の高さ、その距離0cmの最前列で観ているぼくとしては爆死寸前。
プリンプリン、プルンプルン、ムチンムチンなんですってばっ!
しかし、最前列としてはそんないいことばかりであるはずもなく、暴動シーンで機動隊員が振り回す警棒が頭上を掠めてハラハラさせられたり、強盗が拳銃を撃ち放すシーンでなぜかマガジンが目前に吹っ飛んできたり、役者が足元に倒れ込んできて、思わずのけぞってしまったり。
もうさすがは、かぶりつき席です。
色々な意味で色々なものが色々と迫力でかぶりつけさせられてしまうのです。

しかしながら、エロをエロとして卑猥なイメージに陥れず、逆にエンターテイメントとしてあっけらかんと昇華させてしまうパワフルさに、もう圧倒されっぱなしの2時間半。
この"エロをエロとしてあっけらかんとエンターテイメントに昇華させている"例としては、「劇団☆新感線」に通じるものがあるのではないでしょうか。
そう言えば、江本純子のカリスマ性は、古田新太に通じるものもありますし、そもそも主題曲も、劇団☆新感線のノリですねー。
なので、女性客も4:6ぐらいと、半数近くを占めており、皆、楽しんでいたようです。
映画に例えて言うなら、「ショーガール」とか、「愛の新世界」のような世界観でしょうか。

幕が閉まり、場内が明るくなり、皆がゴソゴソ帰り始めて数分後、座席の観客数が少なくなった頃に、ふたたびメンバーが登場。
とは言ってもカーテンコールではなく、主題歌を歌う江本純子を先頭に、メンバーたちが客席を縦横無尽に練り歩きCDを売り歩くという、「特設歌謡物販ショー」の開演。
お気に入りの女優さんが、目の前で色々なところをチラチラさせながら「いかがですか~」なんて言うんですよ。
そりゃ、買っちゃいますとも(悪いか)。

この突然の歌謡物販ショーも含め、全体的な観客と劇団員との距離感の短さが、魅力を感じさせて止まない初めての毛皮族でした。
次回公演は12月に、全労済ホールという大きなところだそうで、ちょっとこの距離感が広がりそうで、どんなもんかと......。

恋するスターバックス

ちょいとお茶でもしようと、スターバックスに入り、キャラメルフラペチーノを注文しました。
数分後、にこやかなお姉さんから商品を受け取ると、そこにはなぜか謎のハートマークが描かれていました……。
恋するキャラメルフラペチーノ

フフフ、店員のお姉さんったら、オトナの魅力をプンプン振りまくオレのオーラに一発KO、一目惚れしちゃったな。
参ったなあ。こんな男に惚れてるとヤケドするぜ、アブナイぜ。

……なんて妄想はともかくとして、これはいったい何のメッセージなんでしょうか。
考えれば考えるほど、お姉さんがぼくに惚れてるとしか思えなくなってきている……。

天野月子「Tour of 燃えよ!DRAGON」2日目(SHIBUYA-BOXX)

興味のない方、連日の話題でどうもすんまそん。
一昨日の予告どおり、今日もまた渋谷で行われた天野月子のライブに行ってきました。
こんな同一ツアーを連チャンで行くことなんて、これまでKing Crimsonでも頭脳警察でも四人囃子でも鳥肌実でもなかったのに、オレ、どうしちゃったんでしょう。
これが恋するってことなのかしら~、ルルル~♪(←なんだか妙なテンション)

前回は114番目の入場で、天野月子とのハイタッチが掠めてしまったほど近くにいたのですが、今回の番号は309番、そもそもキャパが320人というから、ちゃんと入場できるかどうかすらも不安でドキドキ。
しかも、18時30分になると整列している観客を番号順に入場させていたのですが、300番以降になると急に「ハイ、残りの方どうぞ」的なエクストラ観客扱い。しくしく、なんかクヤシイ。
はやる心を抑えつつ場内にはいると、意外と隅っこのあたりが空いていてラッキー! 余裕でスタンバイできました。
今回はステージ上手側、ギター側に位置しました。
一昨日のときには、ステージ下手側、ベース前に陣取っていたのですが、なんとボーカルは右側のPAからだけしか出てこず、所々声が聞き取りにくかったのですね。
そんな訳でステージ上手側、ギタリスト側に陣取ったのですが、ああ、哀しいかな、こちらにいるとステージ下手後方に立つコーラスのRie嬢のお姿が見えづらいのです。
立つ場所も一長一短、一番いいのはステージ最前面のかぶりつきです。

19時になり、いつものイントロと共に彼女の登場。
今日は天野月子もバンドのメンバーも観客も、皆、何だか変なテンションです。
やっぱり若い連中には負けてられんわい、とぼくも負けずに老骨にムチ打ち、イケイケノリノリで跳びはね、踊りまくり、グルングルンと腕を振り回し、ウオーガオーと拳を突き上げ、とにかく頑張りました。
おかげで何度、隣の人の腕や肩に手が当たったり、前の人の頭とか背中を殴りつけてしまったことか。
相変わらずの大迷惑野郎ぶりを発揮で、どうもすんません。
しかし、そんな観客のテンションが伝わったのか、ラスト2曲目の「カメリア」では、なんと天野月子が涙ぐんでしまうというハプニングもあり、何があったんだ……とぼくの心のなかではザワザワ。
そしてアンコール。
いつものように弾き語りではなく、バンドのメンバーが再度現れ、今日はまだ演奏していなかった2曲をサービス。すごいぞ、ウオーウオー。
アンコール曲が終了しても、まだ帰りたがらないわがままな観客のために、再度登場した彼女は、やはり弾き語りで1曲唄ったのでした。
全てが終わった頃には、もう時刻は21時50分で、なんと疾走し続けた2時間50分、26曲でした。
あ……脚がパンパンに張って、イタイ。

【本日のセットリスト】

01. 菩提樹
02. 鮫
03. 枳
04. Love Dealer
05. 時計台の鐘
06. 刺青
07. 月
08. スパイダー ~月にほえろ!~
09. 骨
10. 龍
11. 蝶
12. 人形
13. 日曜日
14. ミサイル
15. Butter Fingers
16. 人魚
17. B.G.
18. 恋
19. アニソンカバー(ベルサイユのばら)
20. スナイパー
21. トムパンクス
22. カメリア
23. 巨大獣

~アンコール~
24. 劔
25. 箱庭

~予定外~
26. 轍(弾き語り)

天野月子「tour of 燃えよ!dragon」東京・2日目

天野月子「Tour of 燃えよ!DRAGON」(SHIBUYA BOXX)

今日は渋谷へお出かけ。SHIBUYA BOXXで、天野月子のライブがあったのですよ。
18:30に開場、19:00開演なのですが、整理番号による入場方式のため早めに会社を抜け出し、会場へレッツラゴー。
キャパ320人程度と聞いてもピンとこなかったのですが、会場に入って「え、こんなに狭いの?」とビックリ。
114番目の入場だったのですが、それでもかなり前になってメチャクチャラッキーだったんです。
何しろ1メートル先、目と鼻の先に天野月子がいるんですよ。
うわーん、こりゃもうノラなきゃマズイと、老骨に鞭打ってイケイケノリノリで跳びはね、グルングルンと腕を振り回し、ウォーガォーと拳を突き上げ、とにかく頑張りました。
きっとぼくのようなデカイ奴が、舞台の前の方でピョンピョン、ブンブン、グイグイしてるもんだから(何をしてるんだ)、後ろの方には非常にご迷惑をお掛けしたかと思います。
すんません。

予定の最後の曲が終わると、観客とハイタッチしてステージを去っていく天野月子……あーん、彼女の手までぼくの手はあと数十センチ、距離が足りませんでした。
掠めていく手のぬくもり……残念。

予定外にとまらない拍手にふたたび登場した彼女、今回もギター1本で登場し、ちょっとだけ練習してからのアンコールも披露、全てが終わってみるともう21時40分。
全24曲、濃密な2時間40分でした。もうゲップが出そうです。

【本日のセットリスト】

01. 劔
02. 鮫
03. 枳
04. Treasure
05. 青紫
06. HONEY?
07. 月
08. スパイダー ~月にほえろ!~
09. 箱庭
10. 龍
11. 蝶
12. 人形
13. 日曜日
14. ミサイル
15. ステロイド
16. 人魚
17. B.G.
18. 恋
19. アニソンカバー(ドラゴンボールZ)
20. スナイパー
21. トムパンクス
22. 骨
23. 巨大獣

~アンコール~
24. 轍(弾き語り)

とか言いながらも、明後日、「SHIBUYA BOXX」での2日目の公演も行きます。
今度は本当に最後尾の入場だから、後ろでじっくりと楽しむとすっかー。
天野月子「Tour of 燃えよ!DRAGON」