今日から丸の内で「ミレナリオ」が開催

世間一般ではクリスマス気分がいよいよ最高潮に盛り上がり、今日から丸の内では「東京ミレナリオ」が開催。
会社からまっすぐに家に帰ろうと東京駅に向かったものの、駅からものすごい勢いで吐き出されている人並みに飲み込まれてしまい、まるで落ち葉のようにクルクル押し流されながら、アレヨアレヨという間にフト気がつくと会場のど真ん中。
何やってんだ、オレ。
写ってないんですけど、この下には人の頭がビッシリと生えたようになっています。気色悪いよ ゲートのなかはもう光の洪水。新聞も読めます。余裕で。

しかし東京駅から丸ビル、会場に掛けてドウドウと流れる大きなヒトの大河は、ヒト一人の意志すらも完全に飲み込み、簡単に会場まで移動させてしまうほど、巨大なエネルギーを秘めていることに改めて気づかされました。
やっぱりこの勢い、うまくすれば何らかのエネルギーに変換できそうなんだよなぁ。
例えばですよ、道路に回転ドアみたいなゲートを取り付けたら、ヒトが通るたびにすごい勢いでクルクル回転して、かなりの発電量が期待できると思うのです。
あるいは、靴底に磁石を付けて、道路下に巨大な回転磁石を設置しておくのです。
すると、ヒトの足踏みに合わせて道路下の磁石が回転して、簡単に発電ができそうなものなんですけどね。
何か、もったいないぞ、この人の流れをただ見ているだけというのは。

何とかものごっつい人並みから逃げ出すことに成功、“今度こそ”東京駅に向かっていると、巨大な雪だるまが線路の向こうの夜空に浮かび上がっているのでした。
すっかり東京ミレナリオにかき消されている感もありますが、パシフィックセンチュリープレイスではクリスマスシーズン、こんな電光絵が浮かび上がっているそうな。
雪まで降っている様子が意外と細かい雪だるまの電光絵

何だか結構ウキウキしてしまっている自分に気が付く帰りの電車。
ひとりニヤニヤしてるんだから、かなりヤバイ。
ヘラヘラ。